【保護者の就活】筆記試験の対策って重要なの?

教育・受験 その他

イメージ画像
  • イメージ画像
  • MyCareerCenter web
 就活生を持つ保護者の質問に、キャリアコンサルタントで就活情報サイト「MyCareerCenter web」を運営する高嶌悠人氏が答える連載「保護者の就活」。第30弾では、筆記試験の重要性について聞いた。

◆筆記試験の対策って重要なの?

 就職活動の対策といえば面接やエントリーシートに目がいってしまいますが、筆記試験も意外と内定を獲得する上で重要になります。

 筆記試験は、対策を行った学生とそうでない学生に大きく分かれるので、その差が顕著に表れます。たとえば、20社エントリーしている場合、対策をした学生は9割方通過するので18社の選考に参加できます。一方、対策をしていない学生は5割程度の通過率なので10社の選考に参加できます。つまり、8社も選考を受けられる企業に差が出てしまうのです。

 このような筆記試験の通過率の差は、事前に勉強しているかどうかの差なので、偏差値の高い大学の学生であっても対策していなければ通過は難しくなるのです。逆に、勉強が苦手な学生であっても、時間をかけて真剣に取り組めば、必ず解けるようになります。また、企業によっては、筆記試験の点数を評価に加味しているところもあるので、勉強をし過ぎるということはないと言えます。

 例年、学生より筆記試験の相談を受けています。多くの学生が、筆記試験を通過できない理由を「勉強が苦手だから」と言いますが、私はそれは「苦手」なのではなく「嫌い」なのだと伝えています。大抵が中学受験レベルの問題ですので、大学生に解けないはずはないのです。薄くて簡単そうな問題集からでも良いので、まずは手を付けさせることが大事だと思います。

---
 リセマム連載「保護者の就活」は、就活生や就活を控える学生の保護者からの質問に対し、キャリアコンサルタントであり就活塾「MyCareerCenter」代表でもある高嶌悠人氏がアドバイスや適切な回答を行うシリーズ。

 学生や保護者からの就活に関する質問は、「MyCareerCenter」お問い合わせフォームで随時送信が可能になっている。


《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)