母親が習わせたいランキング1位…今後の英語教育を考える

教育・受験 学習

子どもに習わせたいランキング
  • 子どもに習わせたいランキング
  • 英語教育機関の比較
  • ECCホームページ
 ECCは、文部科学省による、2020年からの小学3年生の英語教育必修化、小学5年生の英語教科化という方針発表など、英語教育への関心が高まっていることを受け、子どもの英語教育の現場ではいま何が起こっているのかをまとめ発表した。

 英語教育に関する保護者の意識に関しては、入学シーズンを前に親が子どもに習わせたい習いごとランキングの結果をリクルートサイト「ケイコとマナブnet.」から抜粋。1位「英語・英会話」、2位「水泳」、3位「書道」という結果が明らかになった。

 英語・英会話に関しては、「いずれ絶対必要になる」「苦手意識を持つ前に早めに始めたい」「授業化するまえに英語に慣れさせたい」などの意見があがった。2020年の英語必修化、また東京オリンピック・パラリンピック開催に向け国際化が一層進むことを視野に入れ、「英語は必須だ」と考えている保護者が多いことが見て取れる結果となった。

 また、英語・英会話を習わせる手段について、近年急速に拡大しているオンライン英会話について言及。安い・手軽・自分のペースで学べる、というポイントがニーズにマッチしているとして、社会人や大学生だけでなく子ども向けとしても人気が高まっているという。

 子どもに受講させる主な理由としては、良心的な料金、近くに教室がなくても受講できる、子どものペースで学べる、親が見守る中自宅で安心して学べる、など。しかし、サービス提供の手軽さや料金競争などにより一方的なサービス停止などのトラブルも発生しているという。

 子ども向け英会話市場は2014年度で980億円と増加傾向にあるという(矢野経済研究所より)。ますます競争が激化する中、オンライン英会話だけでなく英語教室、学習塾、通信教育など、生活スタイルや目的によってしっかり選んでいくことが大切になる。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)