国際科学オリンピック、化学・生物学・物理で受付開始

教育・受験 学習

化学グランプリ2015
  • 化学グランプリ2015
  • 日本生物学オリンピック2015
  • 物理チャレンジ2015
 高校生らを対象とした全国規模のコンテスト「化学グランプリ」「日本生物学オリンピック」「物理チャレンジ」で、申込みの受付が始まった。いずれも日本代表選考を兼ねており、参加資格を満たした成績優秀者は国際大会に派遣される。

 「化学グランプリ2015」は、7月20日に全国66会場で開催されるマークシート式試験(150分)による1次選考を経て、成績上位者80人程度が8月に愛知県で開催される1泊2日の2次試験に参加。実験を伴う記述式試験(240分)に取り組む。

 参加資格は、2015年4月時点に高校、中等教育学校後期課程、高等専門学校に所属している3年生以下で20歳未満の生徒。参加した中学3年生、高校1、2年生の中から20名程度が、国際化学オリンピック代表候補に推薦される。応募締切は6月8日。

 「日本生物学オリンピック2015」は、7月19日に全国で理論試験とマークシート(90分)による予選を実施。上位約80人が、8月に広島県で開催される3泊4日の本選に進むことができる。

 参加資格は、20歳未満で大学などの高等教育機関に入学前の生徒。成績優秀者の中から、条件を満たした4人を日本代表として第27回国際生物学オリンピックに選出する。応募締切は6月1日。

 「物理チャレンジ2015」は、7月12日に第1チャレンジとして全国一斉に理論問題コンテスト(90分)を実施。上位100人が、8月に3泊4日間、茨城県で開催する第2チャレンジへ選抜される。

 参加資格は、2015年4月1日現在、満20歳未満で、第2チャレンジ開催時に高等教育機関に在学していないこと。成績優秀者から、高校2年生以下の10~15人を第47回国際物理オリンピック日本代表の候補者として選出する。応募締切は、郵送が5月25日、Webが5月31日。

 このほか、「日本数学オリンピック」が5月1日、「日本地学オリンピック」「日本情報オリンピック」が9月1日、「科学地理オリンピック日本選手権」が10月1日から募集を開始する。

◆化学グランプリ2015
締切:6月8日(月)
参加資格:2015年4月時点で、高校3年生、中等教育学校後期課程3年生、高等専門学校3年生以下の生徒で、20歳未満の者
参加費:無料
申込方法:ウェブエントリーまたは郵送
1次選考:7月20日(月・祝)全国66会場
2次選考:8月21日(金)~22日(土)名古屋大学東山キャンパス(愛知県)

◆日本生物学オリンピック2015
締切:6月1日(月)
参加資格:20歳未満で大学などの高等教育機関に入学する前の青少年
参加費:無料
申込方法:ウェブエントリーまたは郵送
予選:7月19日(日)各都道府県内の大学および高校
本選:8月20日(木)~8月23日(日)広島大学(広島県)

◆物理チャレンジ2015
締切:郵送は5月25日(月)、Webは5月31日(土)
参加資格:2015年4月1日現在、満20歳未満、第2チャレンジ開催時に高等教育機関に在学していないこと
参加費:無料
申込方法:ウェブエントリーまたは郵送
第1チャレンジ:7月12日(日)全国一斉
第2チャレンジ:8月19日(水)~8月22日(土)つくばカピオ、文部科学省研究交流センター(茨城県)
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)