Haier、子ども向け腕時計型端末を欧州で販売…世界での展開も

デジタル生活 モバイル

Haier EuropeのCEOを務めるYannick Fierling氏
  • Haier EuropeのCEOを務めるYannick Fierling氏
  • 9月に欧州で発売されるHaierの子ども向け腕時計型ウェアラブル端末
  • 竜頭のような赤いボタンを押すと、連携するスマホにアラートを送信する
  • カラーバリエーションはブラック、ピンク、グリーン
  • ベルトが革製のシニア向け端末も
  • 「ドコッチサービス」専用ウェアラブル端末「ドコッチ 01」
  • BIGLOBEが開発中のキッズ向けウェアラブル端末「cocolis(ここりす)」
 中国に本社を構える家電メーカーのHaier(ハイアール)は、マルタで開催されている「IFA 2015 Global Press Conference」(IFA2015 GPC)でプレゼンテーションを行った。

 そこで紹介が行われたのが、今年3月の「Mobile World Congress 2015」(MWC 2015)で発表されていた、子ども向けの腕時計型ウェアラブル端末だ。同製品は、2~8歳の子どもを対象に作られ、母親や父親など保護者が持つスマートフォンとアプリ(iOS、Androidに対応。ダウンロード無料)によって連携させて利用するというもの。

 0.96インチのディスプレイ、通話用のマイクとスピーカーを搭載し、水深30メートルまでの防水機能を持つ。また、時計の竜頭(りゅうず)のような赤いボタンを備えており、このSOSボタンを押すと、あらかじめ設定可能な3つの連絡先にアラートを送信する仕組みだ。保護者はアプリによって、子どもが安全に行動できる範囲を設定すると、子どもがその範囲から離れた場合にはアラートを受け取ることができる。カラーバリエーションは、ブラック、ピンク、グリーンの3色、価格は99ユーロ。

 現在、日本国内における子ども向けの腕時計型ウェアラブル端末としては、4月4日にNTTドコモより発売された「ドコッチ01」をはじめ、2015年中に製品化を目指しているBIGLOBEの「「cocolis(ここりす)」、6月20日に発売を予定しているタカラトミーのカメラ付きウェアラブルガジェット「プレイウォッチ」などがあり、徐々にではあるが、市場として活性化しつつある。Haierの同製品の販売は、9月より欧州のみとなるが、同社スタッフは「私は欧州担当であるが」と前置きしながらも、「世界各国でも展開したいと考えている」とコメントしている。

 また同社は、子ども向けの同製品のベルトを革製にしたシニア向けの腕時計型ウェアラブル端末も発表している。スペック面では、子ども向け端末と同じ。12月に欧州で、129ユーロで販売されるという。

「世界各国でも展開したい」、Haierが欧州で子ども向け腕時計型端末を販売へ……IFA2015 GPC

《編集部@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)