山口県内就業で奨学金全額補助、理系大学院・薬学部生20人募集

教育・受験 その他

イメージ図
  • イメージ図
  • リーフレット
 県内就業者の奨学金返還額を補助する新制度を山口県が創設した。対象は、日本学生支援機構の無利子奨学金を受けている理系大学院と薬学部の学生。県内製造業への通算8年以上の就業で奨学金返還額(2年間の貸与額)を全額補助する。平成27年度は、全国から20人を募集する。

 県内産業の振興に必要な高度な専門知識を有する人材を確保することが目的。平成28年度にスタートする国の地方創生枠(無利子奨学金)に先駆け、「山口県高度産業人材確保事業 奨学金返還補助制度」の名称で実施する。

 対象は、日本学生支援機構の第1種奨学金の貸与を受けている奨学生。大学院の工学研究科、理学研究科、農学研究科、薬学研究科(これらに相当する研究科を含む)に在学する者のうち、大学院修士課程(博士課程前期を含み、一貫制博士課程は除く)1年に在籍する者。または、大学の薬学部に在籍する者のうち、薬学共用試験に合格した5年生。

 大学院修了または大学卒業後、1年以内(翌年4月末まで)に山口県内の製造業に就業する必要がある。地元出身者に限らず、全国から応募することができる。

 補助金額は、県内製造業に通算8年以上従事した場合は、奨学金の返還額(対象者になった年の4月から2年間の貸与額)の全額、8年未満でも4年以上従事した場合は半額以上を補助する。

 制度の対象者に決定した学生には、県内企業情報の提供、企業見学会・交流会の開催など、県内就職をサポートする。募集人員は20人で、このうち5人程度を薬剤師枠とする。応募期間は、7月13日から8月12日まで。指定の応募書類を山口県産業戦略部計画推進室へ持参または郵送で提出する。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)