【夏休み】最高裁が「子ども見学会」開催…模擬裁判や判決体験

教育・受験 その他

大法廷
  • 大法廷
  • 最高裁判所
 最高裁判所は、小中学生を対象に「夏休み子ども見学会」を開催する。実施日は、7月30、31日、8月3、4日の4日間。大法廷の見学をはじめ、模擬裁判、判決言い渡し体験、記念撮影などを予定している。参加希望者は、6月12日(当日消印有効)まで往復はがきで申し込む。

 夏休み子ども見学会では、通常の庁舎見学とは異なり、大法廷の見学以外にも模擬裁判、判決言い渡し体験、法服姿での記念撮影、パネル展示などが企画されている。

 参加無料。対象は、小中学生とその保護者。1グループにつき1人以上の保護者の同伴が必要となる。実施日は、7月30、31日、8月3、4日の4日間で、各日午前と午後に1回ずつ、合計8回開催する。時間は、午前の部が午前10時から午前11時半、午後の部が午後2時から午後3時半。定員は、各回200人(保護者を含む)。

 参加希望者は、往復はがきに希望日時など必要事項を明記し、6月12日(当日消印有効)までに郵送で申し込む。

◆夏休み子ども見学会
日時:7月30日(木)、31日(金)、8月3日(月)、4日(火)
【午前の部】10:00~11:30【午後の部】14:00~15:30
場所:最高裁判所
対象:小中学生と保護者
定員:各回200人
参加費:無料
申込方法:往復はがきに必要事項を記入し郵送
締切:6月12日(金)当日消印有効
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)