明大、難民の故郷の味を学食で提供…売上の一部を難民支援に寄付

生活・健康

鶏肉と野菜のスパイシー炒め
  • 鶏肉と野菜のスパイシー炒め
  • トマトソースの肉じゃが
  • 里芋のさっぱり煮込み
  • 提供予定メニュー
 明治大学は、難民の故郷の味を学食で提供する「Meal for Refugees」を開催している。生田キャンパスではすでに終了しているが、駿河台・和泉・中野キャンパスともに6月15日から。数量限定で、売切れ次第終了となる。

 今回の活動は、同大の公認サークルである「Meiji International Friendship Organization」と「VOLA」が難民支援協会の協力を得て実現した。難民への関心・理解を深めることを目的として行われ、1食につき20円が難民支援に寄付されるという。

 昨年は、和泉・中野キャンパスのみで実施されたが、今年は全キャンパスで実施することになった。生田キャンパスでは6月2日~4日に実施され、すでに終了しているが、駿河台・和泉・中野キャンパスでは6月15日~19日、22日~26日に開催される。いずれも数量限定で、売切れ次第終了となる。

◆明治大学「Meal for Refugees」
【生田キャンパス】学生食堂、日替わりメニューを提供(実施済み)
日時:6月2日(火)~4日(木)10:00~、数量限定。売切れ次第終了
【駿河台・和泉キャンパス】学生食堂、週替わりメニューを提供
日時:6月15日(月)~19日(金)、22日(月)~26日(金)
いずれも10:30~(予定)、数量限定、売切れ次第終了
【中野キャンパス】学生食堂、日替わりメニューを提供
日時:6月15日(月)~19日(金)、22日(月)~26日(金)
いずれも11:30~(予定)、数量限定、売切れ次第終了
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)