日本ユニシス、保育士の業務負荷を減らすクラウド型サービス開始

教育ICT その他

利用イメージ図
  • 利用イメージ図
  • 日本ユニシス
 日本ユニシスは6月24日、タブレット端末やパソコンを使って保育士の労働環境改善を実現する保育支援サービス「ChiReaff Space(チャイリーフスペース)」を開発したと発表した。7月6日より全国の保育所向けに販売開始する。

 現在、保育士の離職率は高い状況にあり、その原因の1つに事務書類の作成負荷があげられる。保育士は、指導計画書の作成や毎日の保育日誌、子どもの連絡帳記入といった筆記作業を子どもの行動を見ながら行っており、大きな負荷となっている。しかし、指導計画書は質の高い保育を実現するためには不可欠な存在であるという。

 そこで同社は、タブレット端末やパソコンを使って保育士が子どもの成長を容易に記録し、子どもひとりひとりの成長段階を捉えながら指導計画を立てることができる保育支援サービス「ChiReaff Space」を開発。保育士の負荷を減らし、子どもと向き合う時間を増やすことで、保育の質向上と保護者からの安心・信頼を得ることをサポートする。

 子どもの発達記録は厚生労働省が定める「保育所保育指針」の内容を網羅しており、入力後は子どもの指導計画の「素案」が自動的に生成される。同時に発達のメカニズムも確認できるため、保育士の知識習得を助け、保護者に対して理論や統計データなどの科学的根拠に基づいた説明ができるようになる。

 また、子どもの出欠状況や延長保育・登降園時間の管理、日々の保育士間による伝達事項の共有など、保育の現場で必要とされる基本機能を提供することで、保育士の日常業務をサポートする。

 同社は「ChiReaff Space」を5年間で1,000園への導入を目指す。「保育の質」向上を目指す保育所をサポートし、子育てに関わる地域、人が子ども達に寄り添い、共感する社会を作っていきたいとしている。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)