【夏休み】海上バスでめぐる特別企画、親子社会科見学8/6

趣味・娯楽 その他

海上バス
  • 海上バス
  • 見学会の様子
  • 清掃船
  • 初代南極観測船「宗谷」
  • 東京みなと館
  • 東京税関情報ひろば
 東京都港湾局は、親子を対象とした「東京港社会科見学会」を8月6日実施する。海上バスでの東京港めぐりの後、初代南極観測船「宗谷」の見学や税関施設の訪問などを行う。申込みは7月15日まで。

 同イベントは、小学校4年生から6年生とその保護者を含むグループを対象に行う夏休み特別企画乗船会。

 まず日の出桟橋を海上バスで出航し、東京港内を観覧。下船後、港内に浮かぶゴミを回収する清掃船と、日本初の南極観測船で当時のままの姿で展示保存されている「宗谷」を見学する。その後は東京みなと館コースと東京税関「情報ひろば」コースに別れて見学するため、申込み時には希望コースを明記する。

 東京みなと館は、湾の歴史や役割、臨海副都心の現状と開発計画を、大型模型や映像などでわかりやすく紹介。地上100メートルから眼下に広がる東京港を見ることができる。同コースは定員250名。

 東京税関「情報ひろば」は、税関の仕事を楽しみながら学べる施設で、「海外から日本に持ち込めないものってどんなもの?」といったことを学んだり、密輸の手口やコピー商品などの展示を見学したりする。コース定員は75名。

 小学4年生から6年生とその保護者を含んでいれば、1グループ5名まで申込みが可能。申込みは往復はがきで7月15日まで。当日消印有効。

◆夏休み東京港親子社会科見学会
開催日:8月6日(木)
開催時間:9:30出航~12:40(受付開始8:45、コース見学終了後自由解散)
※荒天時は中止の場合あり
対象:小学校4~6年生とその保護者を含むグループ(1グループ5名まで)
(例)小学校4年生、妹(小学校1年生)、友だち(小学校4年生)、保護者2名 計5名
参加費:無料
※日の出桟橋までの交通費と各施設見学後の交通費は自己負担
申込方法:往復はがきに必要事項を明記のうえ送付
申込締切:7月15日(水)当日消印有効
《勝田綾》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)