顔認識で子どもの帰宅をスマホに通知、家庭用スマートカメラ登場

デジタル生活 インターネット

スマートホームカメラ「Welcome」発売を記念し、25日に開催された記者発表会の様子(画像はプレスリリースより)
  • スマートホームカメラ「Welcome」発売を記念し、25日に開催された記者発表会の様子(画像はプレスリリースより)
  • 1080pの解像度に対応し、画角は130°と広く、赤外線LEDによりナイトビジョンも使用可能(画像はプレスリリースより)
  • 登録や使用料、契約などは不要で、アプリをダウンロードするだけで使用可能となっている(画像はプレスリリースより)
 フランスのNetatmo(ネタトモ)は、顔認識技術を搭載したスマートホームカメラ「Welcome」を26日から日本国内にて販売を開始した。

 「Welcome」は、4メガピクセルのカメラを内蔵し、有線及び無線でネットワーク接続される。

 自宅の出入り口付近に設置すれば、あらかじめ登録したユーザーの顔を認識し、帰宅した人の情報をスマートフォンなどに通知することができる。子供の帰宅を確認したり、高齢の両親の外出なども把握できる。登録外の顔を認識したり、不審者をとらえた際も通知を行うことも可能だ。

 また、別売のタグを利用することにより、ドアや窓の開閉検知を連動させたホームセキュリティシステムを構築することができる。

 映像の録画はSDカードに行い、対応するのは32GBまでのmicroSDカード。本製品には8GBのmicroSDカードが付属する。

 映像を確認したり、様々な情報にアクセスするには、アプリ経由でスマートフォンやタブレット端末から行う。対応OSはiOS8以降、Android4.3以上。アプリは App Store/Google Playから無料でダウンロードが可能。

 「Welcome」のカメラ本体の価販売格は税込29,800円。ネタトモのオフィシャルサイトをはじめ、主要な家電量販店などで購入可能。日本での販売代理店は、Focal Point (フォーカルポイント)となり、製品に関する一般からの問い合わせなどに対応する。

顔認識技術を搭載した家庭用スマートカメラ「Welcome」が販売開始

《小菅@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)