熱中症リスク評価技術開発…東北大・名工大・JWA

生活・健康 健康

個人特性別の3時間後の体表面温度
  • 個人特性別の3時間後の体表面温度
  • 個人特性別の体内深部温度(体温)の時間変化
  • 個人特性別の1分当たりの発汗量の時間変化
  • 日本気象協会
 東北大学サイバーサイエンスセンター、名古屋工業大学、日本気象協会(JWA)の共同研究グループは、年齢や性別など個人特性を考慮したシミュレーション技術をスーパーコンピューターに実装・高速化し、3時間後の熱中症リスクを10分で評価する技術の開発に成功した。

 今回の共同研究は、各機関がこれまで進めてきた技術や研究成果を持ち寄り、年々深刻化する熱中症のリスク対策を一般に向けて啓蒙、活用し、今まで以上に場面に応じた熱中症発症数の低減に貢献することを目的に進められたもの。

 共同研究グループでは、名古屋工業大学による乳幼児や高齢者などの個人特性を考慮した熱中症リスク評価のための「複合物理・システムバイオロジー統合シミュレーション技術」の開発、東北大学サイバーサイエンスセンターのスーパーコンピューターによる効率的な実装・高速化、日本気象協会の予測データを用いた3時間の熱中症リスクの変化を10分で評価する技術の開発、の3点がおもに行われた。

 これにより、3時間後の熱中症リスク評価に要する解析時間を成人男性で45秒、3歳児では15秒まで短縮することに成功。年齢や性別など複数の人体モデルと熱調整機能のばらつきなど複数のパターンのデータを並列的に処理した場合、10分以内に大半の人口をカバーした評価が可能になったという。

 今後は、大規模なスポーツ大会や屋外イベントなどにおいて熱中症リスク評価シミュレーションが準リアルタイムで実施できるようになるという。また、日本気象協会では、気象予報情報と組み合わせた新しい熱中症に関する情報提供や予防の呼びかけに活用していく予定。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)