宇宙探査ロボットづくりに挑戦、小・中学生向け体験教室9/5

教育・受験 学習

宇宙探査ロボット体験教室
  • 宇宙探査ロボット体験教室
  • 東京電機大学
 日本ロボット学会RSJ2015実行委員会は、9月5日に東京電機大学東京千住キャンパスにて小・中学生を対象とした「宇宙探査ロボット体験教室」を開催する。参加定員は70名。8月23日までホームページにて参加者を募集している。

 同イベントは、9月3日から5日にかけて東京電機大学で開催される「第33回日本ロボット学会学術講演会」において、市民など一般向けに公開する「オープンフォーラム」の一環として開催されるもの。

 体験教室では、コンピュータでプログラムする自律型ロボットを使い、自由な発想で本物の火星探査車と同じ機能を持つ宇宙開発ロボット作りに挑戦する。当日は、「子どもの理科離れをなくす会」代表の北原達正氏が講師を務めるほか、サポーターが指導につき、必要なロボット教材とノートPCを貸し出して2人1組で製作するため、初心者でも安心して参加できるという。

 体験教室は午前、午後の2回開催でそれぞれ参加定員35名を募集している。参加費は無料。対象は小学3年生~中学3年生、保護者同伴も可能だ。参加者は抽選にて決定されるため、8月23日まで東京電機大学のホームページにて申込みを受け付けている。なお、完成したロボットを持ち帰ることはできない。

◆宇宙探査ロボット体験教室
日時:2015年9月5日(土) 午前の部10:00~12:30/午後の部13:30~16:00
会場:東京電機大学東京千住キャンパス 1号館1階100周年ホール
対象:小学3年生~中学3年生(初心者可。保護者同伴可)
定員:各回35名(抽選制。当選結果はホームページ上で発表)
参加費:無料
申込方法:ホームページにて申込み受付け
申込締切:8月23日(日)
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)