総務省、20年後の情報通信の姿をテーマに中学生の作文募集

デジタル生活 インターネット

国際電気通信連合(ITU)150周年記念作文コンクール
  • 国際電気通信連合(ITU)150周年記念作文コンクール
  • 150年間の情報通信のイノベーションの歩み
 総務省は、中学生を対象とした「国際電気通信連合(ITU)150周年記念作文コンクール」を開催する。20年後の情報通信の姿をテーマに、1,200字程度の作文を9月17日まで募集している。最優秀賞受賞者には、スイス・ジュネーブにあるITU本部への訪問旅行が贈られる。

 ITUは電気通信に関する国連の専門機関で、おもに国際的な周波数の分配や電気通信の標準化、開発途上国に対する支援を行っており、日本を含む193か国が加盟している。1865年に創設し、2015年に150周年を迎えるのを記念して、作文コンクールを開催する。

 作文のテーマは「20年後の情報通信の姿」。「20年後の通信(現在のスマートフォンやインターネット)の姿について」「20年後、私たちは、世界の人々とどのような手段でやりとりしているか」などがテーマ例としてあげられる。

 作品は、日本語で1,200字程度にまとめ、総務省ホームページからダウンロードした様式に直接タイプしたファイルか、同様式に手書きしたものをスキャンしたPDFファイルを電子メールに添付して送付する。また、応募フォームを利用しても提出できる。

 最優秀賞(1名)にスイス・ジュネーブにあるITU本部への訪問旅行が贈られるほか、優秀賞(10名)に図書カード(5,000円相当分)が贈られる。

◆国際電気通信連合(ITU)150周年記念作文コンクール
対象:中学生
作文のテーマ:20年後の情報通信の姿
応募方法:次の3通り
1.応募用Wordファイル(zip形式で圧縮)に直接タイプして電子メールに添付して提出。
2.応募用Wordファイル(zip形式で圧縮)に手書きしたものをスキャンしたPDFファイルを電子メールに添付して提出。
3.応募フォームを利用して、直接書き込み提出。
応募期間:平成27年8月1日(土)~9月17日(水)
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)