立命館、小学生対象の安全安心マップコンテスト開催

生活・健康 その他

夏休みにみんなでつくる地域の安全安心マップコンテスト
  • 夏休みにみんなでつくる地域の安全安心マップコンテスト
  • コンテスト特設サイト
 立命館大学歴史都市防災研究所は、小学生を対象に「第9回 夏休みにみんなでつくる地域の安全安心マップコンテスト」を開催する。8月24日~9月30日の期間、小学生が自ら歩いて調べて作成した地図作品を募集している。

 同コンテストは、2007年の第1回開催以降、毎年開催されているコンテスト。近年、地震や集中豪雨などの自然災害、交通事故、不審者による犯罪など、身近な地域において安全安心を脅かす不安要素が増えていることを受け、小学生と大人が一緒に地域の情報を集め、身近に潜む危険について考え、実際に地図を作ることで、地域の安全安心を考える取組みを促進させることを目的としている。

 コンテストの特設サイトでは、野外調査の方法や地図の作り方をまとめた「安全安心マップかんたんマニュアル」がダウンロードできるほか、過去の受賞作品や、地図・防災に関する作品・論文などを参考になる情報を見ることができる。

 対象となるのは小学生の個人またはグループ。住んでいる地域や学年は問わず、日本国内だけでなく海外からも応募が可能。「遊び場の安全と安心」「子ども、大人からみたヒヤリハットマップ」など、地域の安全安心に関する自由なテーマで作成した地図を募集している。

 応募は、サイト内にある申込用紙とアンケート用紙、作品の3点をセットにして、郵送にて申し込む。なお、応募作品は厳正な審査の上、入賞作品10点が選ばれる予定。10月24日には表彰式が行われるほか、10月26日~12月18日まで歴史都市防災研究所1階の展示ルームにて展示される予定だ。

◆第9回 夏休みにみんなでつくる地域の安全安心マップコンテスト
応募期間:2015年8月24日(月)~9月30日(水)必着
対象:小学生の個人またはグループ
テーマ:地域の安全安心についての地図(作品にはタイトルをつけること)
応募方法:申込用紙、アンケート用紙、作品の3点セットを郵送
参加費:無料
表彰式:10月24日(土)
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)