【大学受験2016】国立大初、千葉大「国際教養学部」新設

 千葉大学は、41年ぶりとなる新学部「国際教養学部」を2016年4月に新設する。文系と理系を混合させた新しい形の学部で、徹底した少人数教育によるテーラーメイド教育と留学を実現させるという。同学部は国立大学で初の設置となるという。

教育・受験 学校・塾・予備校
千葉大学
  • 千葉大学
  • キャンパス内のようす
  • キャンパス内のようす
  • 記者会見のようす
  • 千葉大学 国際教養学部
  • 国際教養学部のコンセプト
 千葉大学は、41年ぶりとなる新学部「国際教養学部」を2016年4月に新設する。文系と理系を混合させた新しい形の学部で、徹底した少人数教育によるテーラーメイド教育と留学を実現させるという。同学部は国立大学で初の設置となるという。

 同学部は、「つねに、より高きものをめざして」という千葉大学の基本理念に基づき、国際理解と日本理解の双方を備えた上で、俯瞰的視野、多元的視点でものごとを考え日本独自の視点から課題を発見・解決し、世界へ発信することのできる人材育成を目的とした新学部。グローバル化を進めるパイロット学部として、アクティブラーニングによりグローバル時代の教養教育を推進する先進的な学部となることを目指しているという。

 同学部では、「新国際人」を養成するための特色ある教育過程を採用。基盤を作るための共通教育や、グローバルスタディーズ、現代日本学、総合科学の3つのメジャーによる課題解決力の修得、アクティブラーニングだけでなく課外活動や留学といったソーシャルラーニングの導入、早期の海外体験を促進する留学しやすい仕組みづくりなどを取り入れている。

 同学部の入学定員は90名。教員は46名の少人数教育で学生の状況に合わせた丁寧な教育を実現するほか外国人教員も15%をしめる。また、学びを支援する専門職制度SULA(Super University Learning Administrator)スーラを設置し、学生の課題発見や科目選択、留学について学生の状況に合わせたアカデミックな助言を行うという。

 2016年度入試は、文系科目でも理系科目でも受験可能な「通常型入試」と、小論文とネイティブ教員を中心とした英語面接による「特色型入試」の2種類を実施するほか、千葉大学初となる外国語検定試験の活用を通常型入試で導入。TOEFL iBT、IELTS、実用英語技能検定、GTEC CBT、TOEICとTOEIC SWの結果を、個別学力検査の「外国語」の得点に加点または満点換算することができる。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)