スマホから操作できる「ルンバ」が10/10発売…本体カメラで画像認識も

デジタル生活 その他

ロボット掃除機「ルンバ」の最上位機種となる「ルンバ980」が10月10日より国内で発売
  • ロボット掃除機「ルンバ」の最上位機種となる「ルンバ980」が10月10日より国内で発売
  • スマートフォンからの操作に初めて対応した
  • 従来モデルに対し吸引力は最大10倍まで向上
 iRobotのロボット掃除機「ルンバ」の最上位機種となる「ルンバ980」が、国内で10月10日より発売される。本体にカメラを搭載したほか、スマートフォンからの操作にも対応する。価格は125,000円(税別)。

 「ルンバ980」は、同シリーズで初めてWi-Fi機能を搭載し、専用アプリ「HOME App」を介してスマートフォンから操作が可能になった。「HOME App」はAndroid、iOS版の両方が用意される。スマートフォンからは、自動掃除タイマーの設定や変更、外出先から掃除開始や停止の指示、自動掃除中の動作状態ログ表示などが行える。

 同機の本分ともいえる清掃機能も大幅に強化された。独自の清掃機構「AeroForce(エアロフォース)クリーニングシステム」に、最新の強力なモーター「ハイパワーモーターユニットG3」を搭載し、吸引力は最大10倍まで向上。基本ナビゲーション制御プログラム「iAdapt」もバージョン2.0にバージョンアップされた。本体にカメラを設置し、「visual simultaneous localization and mapping (vSLAM)」と呼ばれる画像認識技術を導入した。「iAdapt」はvSLAMからの映像情報をもとにマップを構築し、そのマップに従って清掃を行う。

 カーペットやラグの上では自動で吸引力を引き上げ、吸引力が従来モデルと比較して最大で10倍になる「カーペットブースト」を搭載。また、従来モデルと同様に「ダートディテクトモード」を搭載し、ゴミセンサーを用いて汚れやゴミの集積を感知。その場所を前後に走行しながら集中的に清掃を行う。

 バッテリ駆動時間は約2時間で、電源が少なくなると自動でホームベースに戻って充電。最大112畳(185平方メートル)の稼働面積を実現した。本体サイズは直径353mm×高さ92mm、重量は約3.9kg。

スマホからの操作に初対応! 吸引力10倍の「ルンバ」最上位機種が10月10日に国内発売

《関口賢@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)