10/21夜オリオン座流星群、太平洋側広範囲で絶好の天気

 ウェザーニューズは、オリオン座流星群が出現のピークとなる10月21日夜の天気を発表した。西日本から東日本の太平洋側を中心によく晴れ、全国の広い範囲で流星群の観測が楽しめそうだ。24時間ライブ放送番組では、21日午後10時から全国7か所で流星のようすを生中継する。

生活・健康 その他
10月21日夜の天気は(10月14日時点の見解で作成)
  • 10月21日夜の天気は(10月14日時点の見解で作成)
  • 流星キャッチャーでどこにいても流星を楽しめる
  • ウェザーニューズ
 ウェザーニューズは、オリオン座流星群が出現のピークとなる10月21日夜の天気を発表した。西日本から東日本の太平洋側を中心によく晴れ、全国の広い範囲で流星群の観測が楽しめそうだ。24時間ライブ放送番組では、21日午後10時から全国7か所で流星のようすを生中継する。

 オリオン座流星群がピークを迎える21日夜から22日早朝は、西日本から東日本の太平洋側では晴れる予報。また、北日本でも雲の切れ間から見られるチャンスがありそうだ。一方、西日本から東日本の日本海側は前線の影響で雲が広がりやすく、特に北陸は雨の可能性もあり、流星群の観測は難しい天気になりそうだという。

 国立天文台によると、特に月が沈む22日午前0時頃から早朝にかけては、月明かりの影響もなく観測を楽しめるという。しかし、夜は冷えるので、温かい服装をおすすめしている。

 24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」では、21日午後10時から特別番組を放送。午後11時から2時間にわたって、全国7か所から流星のようすを生中継する。番組では流星の生中継のほか、チャット機能を使って番組を見ている仲間と会話をすることもできる。番組は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「SOLiVE24」のほか、パソコンやテレビ(BS910)でも無料で視聴できる。

 スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「星空Ch.」では、星が流れた瞬間をとらえた映像を3分以内にスマートフォンに届けるサービス「流星キャッチャー」の事前登録を受け付けている。21日午後10時から22日午前1時に、ウェザーニューズのスタッフが全国7か所の流星中継をモニタリングし、流星が確認されると動画を編集して登録者にPUSH通知で知らせてくれる。PUSH通知を受け取る流星中継のエリアを「全国」に設定すると、曇りや雨で星を見るのが難しい場合でもスマートフォンで流星群を楽しむことができるという。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)