米原市がドコモ、ルネサンスと連携…ICTで子どもの健康を支援

 米原市、NTTドコモ、ルネサンスの3団体は、10月15日、米原市の地方創生をめざした地方版総合戦略の一環である「子どもの健康増進プログラム」の施策推進に関する基本合意を締結したと発表した。今後、米原市にて「ドコッチ」を活用した子どもの健康増進を進めるという。

デジタル生活 小学生
子どもの健康増進プログラム・実施イメージ
  • 子どもの健康増進プログラム・実施イメージ
  • ドコッチ活用時のサイトイメージ
 米原市、NTTドコモ、ルネサンスの3団体は、10月15日、米原市の地方創生をめざした地方版総合戦略の一環である「子どもの健康増進プログラム」の施策推進に関する基本合意を締結したと発表した。今後、米原市にてICTを活用した子どもの健康増進を進めるという。

 米原市は、まちの魅力を高め、住み続けたいまちづくりをめざした米原市地方創生総合戦略の中で、子どもをとりまく環境の充実を掲げている。その取組みの一つとして、地域資源(公立小学校・地域スポーツクラブ等)とICTを活用して子どもの運動不足解消や身体能力を向上させるための「子どもの健康増進プログラム」を掲げており、今回、実施に向けドコモおよびルネサンスとの連携を図ることに合意したという。

 プログラムの実施にあたり、2016年1月から2016年3月までの期間、米原市内の小学3・4年生の児童約120人を対象に、ルネサンスが「遊び」を軸にした独自の運動プログラムを企画し、米原市の公立小学校の教諭や地域インストラクターに指導、教諭等から地域の子どもたちへ展開する。ドコモは、腕時計型ウェアラブル端末「ドコッチ」を子どもたちに身に付けてもらい、日常の活動状態や歩数を計測する。計測した活動データと身体データを分析し、運動プログラムの効果検証と、より効果的な運動プログラムの検証・企画を行っていくという。

 今回の取組みは、ドコモとルネサンスが業務提携した初めての自治体向けの取組みとなる。今後両社は、全世代の方を対象として、全国の自治体等へ今回の事例によるノウハウを展開するなど、ICTを活用した健康増進の実現に貢献していく予定とのこと。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)