国立大学の再編、33校が組織見直し…9校がゼロ免課程廃止

教育・受験 高校生

文部科学省
  • 文部科学省
  • 横浜国立大学の第3期中期目標・中期計画の素案(一部)
  • 各国立大学の第3期中期目標・中期計画の素案(一部)
 文部科学省は10月20日、「各国立大学の第3期中期目標・中期計画の素案(平成27年6月)」を公表した。人文社会科学系学部・大学院の組織見直しを計画している大学は33校、教員養成系学部の新課程「ゼロ免課程」の廃止や募集停止を明記している大学は9校であった。

 各大学の素案は、平成27年10月13日時点のもの。10月20日に開催された第26回国立大学法人分科会において公表された。

 公表された86校のうち、学部段階での組織見直しを計画している大学は43校。人文社会科学系学部・大学院の組織の見直しを計画している大学は、筑波大学、千葉大学、東京外国語大学など33校だった。

 組織の「廃止」や「募集停止」を明示的に記載している大学は、茨城大学、横浜国立大学、山梨大学など9校。いずれも教員養成系学部の新課程である「ゼロ免課程」を廃止するとしている。

 国立大学をめぐっては、6月に文科省が「国立大学法人等の組織および業務全般の見直し」について通知。「特に教員養成系学部・大学院、人文社会科学系学部・大学院については、18歳人口の減少や人材需要、教育研究水準の確保、国立大学としての役割等を踏まえた組織見直し計画を策定し、組織の廃止や社会的要請の高い分野への転換に積極的に取り組むよう努めることとする」としていた。

 なお、同省ホームページでは、各大学の第3期中期目標・中期計画の素案をみることができる。

【人文社会科学系学部・大学院の組織見直しを計画している大学】
小樽商科大学、岩手大学、山形大学、茨城大学、筑波大学、宇都宮大学、群馬大学、千葉大学、東京外国語大学、横浜国立大学、新潟大学、富山大学、福井大学、静岡大学、名古屋大学、三重大学、滋賀大学、神戸大学、和歌山大学、鳥取大学、島根大学、岡山大学、山口大学、徳島大学、香川大学、愛媛大学、九州大学、長崎大学、熊本大学、大分大学、宮崎大学、鹿児島大学、琉球大学

【教員養成系学部の新課程の廃止や募集停止を明示的に記載している大学】
茨城大学、横浜国立大学、新潟大学、山梨大学、静岡大学、三重大学、熊本大学、大分大学、鹿児島大学
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)