就活証明写真の修正、許されるのはどこまで? 弁護士がアドバイス

 企業にエントリーシート(ES)や履歴書を提出する際、忘れてはいけない就活証明写真。本人とはかけ離れた出来に修正された写真で就活を行うことは罪に問われないのだろうか。

教育・受験 大学生
弁護士 篠田恵里香氏(東京弁護士会所属)
  • 弁護士 篠田恵里香氏(東京弁護士会所属)
 企業にエントリーシート(ES)や履歴書を提出する際、忘れてはいけない就活証明写真。最近ではきれいな仕上がりに修正してくれる写真館も多く、気になる部分は思いのままに調整できることも。

 しかし、本人とはかけ離れた出来に修正された写真で就活を行うことは罪に問われないのだろうか。また、法律の観点では写真の修正はどの程度許されるものか、アディーレ法律事務所の篠田恵里香弁護士に聞いた。

◆修正で美男・美女に仕上げた写真…詐欺写真を提出したら罪になる?

 エントリーシートや履歴書に虚偽の記載をした場合、これを直接罰する法律はありません。したがって、「履歴書虚偽記載罪」などといった犯罪は成立しないことになります。

 しかしながら、履歴書は企業にとって「その人を採用すべきか否か」「入社後にどのような働きを期待するか」の検討にあたり非常に重要なものといえます。したがって、学歴・資格・年齢など、詐称した内容によっては、内定取り消しや解雇理由の一事情とされる可能性がないわけではありません。

 本人とはかけ離れた容貌の写真を履歴書に添付した場合、企業による懲戒処分などの対象となるかについては、基本的には、容貌により仕事の結果が左右されるとは想定されないため、難しいといえるでしょう。

 ただ、写真をあまりに修正しすぎる行為は、初対面の面接官に対し、「ずいぶん修正してあるな」という印象を与え、かえってイメージ低下につながる可能性があります。この意味で、「履歴書に修正した写真を貼る」にしても、少し小奇麗に印象がよく映る程度の修正にとどめ、「本人か?」と眉をしかめられるような修正は絶対に避けたほうが良いといえるでしょう。

【次ページ】詐欺写真を提出したことによる不採用は認められるのか
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)