【GW2016】芸術と音楽のワークショップや展覧会…六本木ヒルズ

 六本木ヒルズはゴールデンウィーク期間中、小学生を対象としたワークショップなど、音楽や芸術に触れながら五感を使って楽しめるイベントを多数開催する。

趣味・娯楽 小学生
「こんなパブリックアートがあったら?」
  • 「こんなパブリックアートがあったら?」
  • 美少女戦士セーラームーン展 (c) Naoko Takeuchi
  • J-WAVE フリーマーケット
  • TOKYO M.A.P.S 過去のようす
 六本木ヒルズはゴールデンウィーク期間中、小学生を対象としたワークショップなど、音楽や芸術に触れながら五感を使って楽しめるイベントを多数開催する。

 森美術館連動ワークショップとして5月5日に行われる「こんなパブリックアートがあったら?」は、小学4年生から6年生対象のイベント。六本木ヒルズにあるたくさんのパブリックアートを、森美術館スタッフと一緒に作品に触れながら鑑賞する。その後「自分たちの街にこんなパブリックアートがあったら?」と想像しながら、街のシンボルとなるようなアート作品を作るというもの。なお、小学3年生以下でも、保護者同伴であれば参加が可能。定員は15名で事前予約の抽選制。森美術館のWebサイトより申込みができ、締切りは4月19日。

 また、展望台東京シティビュー内スカイギャラリーでは、「美少女戦士セーラームーン展」が4月16日から開催される。原作者の武内直子氏が描き下ろした原画などが展示されるほか、90年代のアニメ資料や当時の人気グッズなども展示。隣接するレストランではコラボメニューも展開する。

 ほかにも、5月3日に「J-WAVE フリーマーケット in Roppongi Hills 2016」、4日と5日には大原櫻子や水曜日のカンパネラなどが出演するフリーライブイベント「TOKYO M.A.P.S」など、さまざまなイベントが開催される。また、5日5日は「ゴールデンウィークお子様無料デー」となっており、中学生以下の子どもは森美術館と展望台東京シティビュー、屋外展望台「スカイデッキ」を無料で利用できる。

◆六本木ヒルズ2016年 ゴールデンウィークイベント
【こんなパブリックアートがあったら?】
開催日:5月5日(木・祝)
時間:10:00~12:00
定員:15名(要予約・抽選)
対象:小学4年生~6年生※小学3年生以下も保護者同伴で参加可能
料金:500円
場所:六本木ヒルズ内
応募:森美術館Webサイトより応募する
締切り:4月19日(火)
【美少女戦士セーラームーン展】
会期:4月16日(土)~6月19日(日)
会場:六本木ヒルズ展望台東京シティビュー内スカイギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)
開催時間:10:00~22:00(最終入館21:30)※会期中無休
入館料:一般1,800円、学生(高校・大学生)1,200円、子ども(4歳~中学生)600円、シニア(65歳以上)1,500円(税込)※展望台、森美術館への入場も可能(屋上・スカイデッキは別途500円)
【J-WAVE フリーマーケット in Roppongi Hills 2016】
開催日:5月3日(火・祝)
時間:10:00~16:00
場所:六本木ヒルズアリーナ
【TOKYO M.A.P.S】
開催日:5月4日(水・祝)・5日(木・祝)
会場:六本木ヒルズアリーナ
時間:13:00~20:00
出演者:EGO-WRAPPIN'、大原櫻子、水曜日のカンパネラ、フラワーカンパニーズなど
入場料:無料
《森井ゆか》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)