私立高校授業料の負担を軽減、東京都が助成申請を受付開始

教育・受験 高校生

保護者負担軽減リーフレット
  • 保護者負担軽減リーフレット
  • 対象世帯別軽減額
  • 東京都私学財団
  • 東京都生活文化局
 東京都と東京都私学財団は、私立高校に通う生徒のいる家庭の経済的負担を軽減するため、平成28年度分授業料等負担軽減制度の申請受付を6月中旬より行う。軽減額は対象世帯により異なる。

 東京都の私立高校授業料などの負担軽減制度には、「就学支援金」「授業料軽減助成金」「奨学給付金」があり、就学支援金と授業料軽減助成金による軽減額は最大で年額44万円。奨学給付金は最大で13万8千円。

 就学支援金は全国一律の制度で、授業料の一部に充てる費用として学校に交付し、家庭の教育費負担を軽減する。6月中旬~7月上旬に申請書を在学校に提出する。必要な書類は入学年度により異なる。

 授業料軽減助成金は授業料の一部を助成する制度、奨学給付金は授業料以外の教育費負担を軽減する制度で、ともに東京都私学財団が実施し、都内在住の保護者に対して支給される。申請期間は6月24日から8月1日。申請書は6月中旬以降に在学校より入手、または東京都私学財団Webサイトからダウンロードする。

 軽減額は世帯の住民税額によって異なり、奨学給付金の対象世帯は、生活保護世帯および住民税が非課税または均等割のみの世帯。住民税額が一定基準以下の世帯(4人世帯年収目安で約760万円~約910万円)までは、就学支援金などの助成が受けられる。

 申請に関する問い合わせは、東京都私学就学支援金センターで受け付けている。
《勝田綾》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)