漢検が伝授「短時間でできる文章指導法」参加教員募集

 「漢検」の運営などを行う日本漢字能力検定協会は、7月から8月にかけて中学校や高校、塾、専門学校などの教員を対象に、文章指導の手法に関する無料セミナー「短時間でできる効果的な文章指導法~作文を書かせなくても、文章能力は高められる!~」を全国5都市にて開催。

教育・受験 先生
教員対象無料セミナー「短時間でできる効果的な文章指導法」福岡会場
  • 教員対象無料セミナー「短時間でできる効果的な文章指導法」福岡会場
  • 文章検(文章読解・作成能力検定)
  • 日本漢字能力検定協会
 「漢検」の運営などを行う日本漢字能力検定協会は、7月から8月にかけて中学校や高校、塾、専門学校などの教員を対象に、文章指導の手法に関する無料セミナー「短時間でできる効果的な文章指導法~作文を書かせなくても、文章能力は高められる!~」を全国5都市にて開催する。

 今年3月、文部科学省の専門家会議が2020年度の大学入試より大学入試センター試験に代わる新共通テスト「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」を導入することを発表。新共通テストでは、従来のマークシート方式のほかに記述式の問題が導入され、思考力、判断力、表現力がより重視されるようになる。

 2020年度の新大学入試を受験するのはおもに現在の中学生にあたり、中学校では子どもたちの考える力や表現する力を育成する文章指導の必要性や重要性が高まっているという。一方、日本の教員の忙しさも課題となっており、現場の教員からは「文章指導は作文の添削に時間がかかって取り組みづらい」「文章指導のためのまとまった時間がとれない」「具体的な文章指導の方法を知りたい」といった声があがっているという。

 今回のセミナーでは、文章指導にかかる教員の負担を軽減し、短時間でできる効率の良い効果的な文章指導法について、日本漢字能力検定協会現代語研究室長の佐竹秀雄氏が講義を行う。文章指導の現状セルフチェックのほか、指導実践のために必要な意識改革についての講話や短時間でできる文章指導法のアイデアを紹介する。

 開催会場は、7月25日の福岡会場を皮切りに、福岡・札幌・東京・大阪・広島の5都市。中学校・高校・塾・専門学校の国語科教員や文章指導担当教員を対象に、各会場100名~250名を募集する。申込みはFAXにて受付、申込締切は各会場によって異なるため確認のこと。

◆短時間でできる効果的な文章指導法~作文を書かせなくても、文章能力は高められる!~
対象:中学校・高等学校・塾・専門学校の国語科教員・文章指導担当教員
参加費:無料
申込方法:文章検(文章読解・作成能力検定)ホームページ掲載の申込用紙をダウンロードし、必要事項を記入のうえFAXにて申し込む
申込締切:福岡7月13日(水)、札幌7月20日(水)、東京7月20日(水)、大阪7月22日(金)、広島7月27日(水)
開催都市・日時・会場・定員
・福岡/7月25日(月)14:00~16:00/福岡センタービル/180名
・札幌/7月29日(金)14:00~16:00/TKP札幌駅カンファレンスセンター/100名
・東京/8月1日(月)14:00~16:00/TKP東京駅大手町カンファレンスセンター/250名
・大阪/8月3日(水)14:00~16:00/TKPガーデンシティPREMIUM大阪駅前/210名
・広島/8月8日(月)14:00~16:00/TKPガーデンシティPREMIUM広島駅前/180名
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)