女子小中学生の体の悩みをサポート…ワコールら3社が連携

生活・健康 中学生

「キッズなんでも相談」ページイメージ(PC版、スマートフォン版)と「ガールズばでなび」「からだのノート おとなになるということ」の紹介イメージ
  • 「キッズなんでも相談」ページイメージ(PC版、スマートフォン版)と「ガールズばでなび」「からだのノート おとなになるということ」の紹介イメージ
  • 「キッズなんでも相談」投稿数と閲覧数(2015年10月~2016年3月の月平均)
  • ニフティ、ワコール、花王ロリエが連携し、女子小中学生に向けたコンテンツを提供する
 ニフティとワコール、花王ロリエは6月20日より、思春期の体に関する悩みを抱える女子小中学生に向けたコンテンツの提供を開始した。医師や専門家による情報を発信し、子どもたちが正しい知識を身につけられるようサポートする。

 ニフティが提供する「キッズ@nifty」の、子どもの相談に子どもが答えるコミュニティコーナー「キッズなんでも相談」は、1か月に約1万5,000件の相談が投稿されている。2015年9月に新設された「女の子の体のなやみ」カテゴリーは、ほかのカテゴリーに比べて相談数と閲覧数の差が大きく、同じ悩みを抱え、情報を探している子どもが多いことも明らかになったという。また体と心の発育については、正しい知識が必要で、子ども同士では解決できないことも多くある。

 ワコールは、女の子が悩みを打ち明けたり、体やバストの成長について調べたりすることができる情報サイト「ガールズばでなび」を運営している。花王ロリエも、思春期の体や月経についてわかりやすく解説する情報サイト「からだノート おとなになるということ」で情報を発信している。

 そこでニフティとワコール、花王ロリエが連携し、「ガールズばでなび」と「からだノート おとなになるということ」で発信している医師や専門家のアドバイスを、ニフティの「キッズなんでも相談」の「女の子の体のなやみ」カテゴリーで紹介する。また、「キッズなんでも相談」から各サイトへの誘導も行うことで、より正しい情報を広く子どもたちに伝える。子どもたちには正しい知識を身につけてもらい、安心して毎日を過ごしてほしいとしている。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)