【夏休み2016】国際子ども図書館「夏休み小学生向けおはなし会」

教育・受験 未就学児

国際子ども図書館
  • 国際子ども図書館
  • 国際子ども図書館
 東京上野にある国際子ども図書館は、7月21日から8月25日までの毎週木曜日、小学生を対象とした「夏休み小学生向けおはなし会」を開催する。国際子ども図書館の職員が「おはなし(ストーリーテリング)」や絵本の読み聞かせをする。

 国際子ども図書館では、子どもに読書の楽しさを伝え、 図書館や本の世界に親しむきっかけとなるようにと、4歳以上の子どもを対象に「子どものためのおはなし会」を毎週土曜日に開催している。7月20日から8月31日までの夏休み期間中は、「夏休み小学生向けおはなし会」を毎週木曜日に開催する。

 おはなし会当日は、「おはなし(ストーリーテリング)」や絵本の読み聞かせが行われる。ストーリーテリングでは、子どもは語られる言葉を聞き、自分の心の中におはなしの世界を思い描き、想像を膨らませていく。その体験を何回も繰り返すうち、子どもは本の世界を深く味わうことができるようになるという。絵本の読み聞かせでは、しっかりした内容の長めの絵本や気軽に楽しめる短めの絵本のほか、ことばあそびや詩の本などから選ばれた1冊を用いた読み聞かせが行われる。

 「夏休み小学生向けおはなし会」の開催場所は、国際子ども図書館の「おはなしのへや」。参加費は無料。予約は不要だが、1日1回の開催で、各日30名程度を当日先着順で受け付ける。子どもたちに集中しておはなしの世界を楽しんでもらうため、途中参加や大人の参加はできない。

◆国際子ども図書館「夏休み小学生向けおはなし会」
日程:7月21日(木)、7月28日(木)、8月4日(木)、8月18日(木)、8月25日(木)※1日1回
時間:15:00~15:20
集合・開催場所:国際子ども図書館レンガ棟1階「子どものへや」※時間厳守、途中参加不可
参加費:無料
予約:不要(当日先着順)※各日30名程度
対象:小学生
内容:おはなし(ストーリーテリング)や絵本の読み聞かせなど
《池野サキ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)