【夏休み2016】昆虫やロボット、自由研究にも役立つハウステンボスの夏

趣味・娯楽 その他

ハウステンボス 夏のイベント
  • ハウステンボス 夏のイベント
  • モルフォの壁
  • 昆虫サイボーグ
  • 世界一美しい昆虫食
  • ロボット工作体験
  • ヨーロッパの文化体験
 夏休み期間を含む7月1日から9月11日まで、ハウステンボスでは「水と冒険の王国」を開催している。会期中は子どもから大人まで好奇心を刺激するさまざまな企画を用意。昆虫やロボットなど、夏休みの自由研究にも役立つコンテンツが盛りだくさんだ。

 7月23日からは、世界一美しいと言われる「モルフォ蝶」1,300匹を壁一面に配した「モルフォの壁」などを展示する、「絶景・世界一美しい昆虫展~昆虫が芸術になる瞬間」を開催。世界一の昆虫コレクターである塚田悦造氏が持つ240万匹を超えるコレクションの中から選りすぐりの7,000匹の昆虫標本を展示するほか、実物の昆虫標本にネジやゼンマイなどを仕込んで作られた日本初公開の「昆虫サイボーグ」やインセクトアートなど、驚きの昆虫芸術作品を多数展示。本物の昆虫を使用した美しすぎる昆虫スイーツなどまったく新しい昆虫食を体験できるコーナーも設けられる。

 また、7月16日には「ロボット王国」がグランドオープン。ロボットが店長やシェフを務める「変なレストラン ROBOT」や、ロボットの工作や操縦など実際に触れ合える体験型ミュージアム&ショップ「ロボットの館」など、大人も子どももワクワクできる施設だ。場内では、移動支援ロボット「エアホイール」が走行するなど、さまざまなロボットを身近で見ることができ、夏休みの自由研究にロボット製作にもチャレンジできる。

 そのほか、実際の設計図を取り寄せて再現した元オランダ女王の宮殿「パレス ハウステンボス」をはじめ、17世紀のオランダを細部までこだわって再現した街並みで国内にいながら海外学習をすることも可能。風車の仕組み見学やオランダの伝統工芸品作り体験、水路でのゴンドラ遊覧など、ヨーロッパの歴史や文化に触れる体験もできる。

 各イベントや施設の詳細はハウステンボスWebサイトで確認できる。夏休みに子どもも大人も思い切り楽しみながら学べる体験ができそうだ。

◆ハウステンボス「水と冒険の王国」
期間:7月1日(金)~9月11日(日)
【絶景・世界一美しい昆虫展~昆虫が芸術になる瞬間】
期間:7月23日(土)~9月19日(月)
【ロボット王国】
開館:7月16日(土)オープン
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)