科学の甲子園&科学の甲子園ジュニア、全国大会の代表選考開始

教育・受験 高校生

科学の甲子園
  • 科学の甲子園
  • 科学の甲子園ジュニア
 科学技術振興機構(JST)は7月7日、「第6回科学の甲子園全国大会」および「第4回科学の甲子園ジュニア全国大会」の開催概要を発表した。3月および12月の全国大会に向け、6月より順次各都道府県での代表選考が行われている。

 科学の甲子園は、全国の高校生などが学校対抗で理科・数学・情報における複数分野の競技を行い、科学の力を競う全国大会。全国の科学好きな高校生の裾野を広げるとともに、トップ層を伸ばすことを目的としており、第6回の全国大会は、2017年3月17日から20日までの期間、茨城県のつくば国際会議場とつくばカピオにて開催される。

 全国大会には、47都道府県の代表各1チームが参加。各都道府県の教育委員会が定めた選考方法により全国大会出場校を決定する。参加チームは、高校1、2年生の生徒6~8人で編成。各都道府県では、6月12日に福岡県で筆記競技が行われたのを皮切りに、2017年1月まで順次地区大会を開催していく。

 科学の甲子園ジュニアは、全国の中学生が筆記競技と実技競技で科学の力を競う全国大会。中学生の「理科離れ」が言われる中、科学を学ぶ楽しさや意義を伝え、未知の分野に挑戦する探究心や創造性に優れた人材を育成することを目的としており、第4回となる全国大会は、12月2日~4日の期間、東京都のBumB東京スポーツ文化館にて開催される。

 科学の甲子園と同様に、全国大会には、47都道府県の教育委員会が定めた選考方法により選出された代表校が参加。参加チームは、中学1、2年生の生徒6で編成。7月中旬から10月にかけて順次地区大会が行われる。

 大会の概要や各都道府県大会の詳細、および代表チームの決定状況などは大会Webサイトで確認できる。

◆第6回科学の甲子園全国大会
日程:2017年3月17日(金)~3月20日(月)
会場:つくば国際会議場(茨城県つくば市竹園2-20-3)、つくばカピオ(つくば市竹園1-10-1)
対象:都道府県大会にて選出された代表チーム(1校単位で高校1、2年生の生徒6~8人で編成)
※中等教育学校後期課程および高等専門学校では同年次の生徒または学生

◆第4回科学の甲子園ジュニア全国大会
日程:12月2日(金)~12月4日(日)
会場:BumB東京スポーツ文化館(東京都江東区夢の島2-1-3)
対象:都道府県大会にて選出された代表チーム(中学1、2年生の生徒6人で編成)
 ※中等教育学校前期課程では同年次の生徒
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)