【夏休み2016】気になる天気、7月下旬-8月上旬は西日本で暑さ続く

 日本気象協会は7月12日、「2016年の夏休み期間の天気傾向」を発表した。西日本や沖縄などで晴れて暑い日が多いほか、関東では8月中旬のお盆の頃から暑さが厳しくなる見込みで、熱中症への警戒が必要だという。

生活・健康 その他

2016年夏休みの天気傾向
  • 2016年夏休みの天気傾向
  • 日本気象協会
 日本気象協会は7月12日、「2016年の夏休み期間の天気傾向」を発表した。西日本や沖縄などで晴れて暑い日が多いほか、関東では8月中旬のお盆の頃から暑さが厳しくなる見込みで、熱中症への警戒が必要だという。

 「2016年の夏休み期間の天気傾向」によると、7月下旬~8月上旬は、西日本(近畿~九州)や奄美・沖縄は晴れて暑い日が多い。夜間も気温が下がりにくいため、熱帯夜となって寝苦しい日が続くという。一方、関東や北日本(北海道・東北)は、曇りや雨の日が多くなるが、蒸し暑い日が多くなる見込み。

 8月中旬からは、太平洋高気圧の北への張り出しが次第に強まり、奄美・沖縄から関東の広い範囲で夏らしい暑い天気となりそう。厳しい残暑が続くため、「猛暑日」や「熱帯夜」となる日も多く、熱中症には十分な警戒が必要。東北や北海道では、天気が数日周期で変わるものの、次第に晴れる日が多くなるという。

 梅雨明けは、九州北部から東海は平年並み。九州南部、北陸、関東甲信、東北は平年より遅くなりそう。特に東北では、8月にずれ込む可能性もあるという。

 日本気象協会によると、熱中症に特に注意が必要なのは、「梅雨明け直後に急に暑くなる数日間」「数日気温の低い日が続いたあと、再び暑くなる日」「お盆休みが明けた頃」。お盆休み明けについては、疲労がたまり、身体が冷房の涼しさに慣れてしまいがちなことが、熱中症につながりやすいため、十分な対策が必要となる。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)