【夏休み2016】博物館を思いきり楽しむ「トーハクキッズデー」8/15

趣味・娯楽 小学生

トーハクキッズデー
  • トーハクキッズデー
  • 演劇形式のガイドツアー「トーハク劇場へようこそ!」
  • ワークショップ「勾玉つくり」
  • 日本の楽器によるコンサート
 東京国立博物館は8月15日、夏休みのファミリー向け企画として「トーハクキッズデー」を開催する。ガイドツアーやワークショップなど、子どものための特別な企画が盛りだくさんの1日。対象は0歳~中学生とその家族で、子どもは入場無料。予約不要で自由に楽しむことができる。

 「子どもが騒いだら迷惑なのでは」「子どもに博物館は難しい」と、子ども連れでの博物館鑑賞を敬遠してしまう保護者が多い中、東京国立博物館ではファミリーで博物館を思いきり楽しんでもらうための特別な1日を企画。周りを気にせず豊かな日本の伝統文化に触れ、博物館のマナーを学べる機会を提供する。

 当日は、子どもが興味を持って展示を見学できるよう、縄文人や弥生人が自分たちの暮らしや道具について解説する演劇形式のガイドツアーや、子どもを対象としたギャラリートークを実施。ギャラリートークでは仏像や刀、古い時代の絵画などをテーマに、研究員によるやさしくわかりやすい解説会を1日6回開催する。

 また、勾玉つくりやぬり絵による屏風つくりなど、日本の伝統文化に触れるワークショップも開催。勾玉つくりは1日2回開催で、各回定員25名程度。当日エントランスで整理券を配布する。そのほか、和太鼓や津軽三味線といった日本の楽器によるコンサートや、夏休みの自由研究に役立つワークシートも配布なども行う。

 トーハクキッズデーでは、子どもたちや保護者が博物館で快適な1日を過ごせるよう、キッズコーナーの開設や事前予約・有料の託児サービスも用意。各プログラムの詳細はWebサイトで確認できる。

◆トーハクキッズデー
日時:8月15日(月)10:00~16:00(開館時間は9:30~17:00)
会場:東京国立博物館
対象:0歳~中学生とその家族
入館料:総合文化展観覧料 一般620円、大学生410円
※子ども1名につき同伴者2名まで100円割引
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)