国際生物学オリンピック、4人全員がメダル獲得…宮崎西高生が金

 ベトナムで開催された「第27回国際生物学オリンピック」において、日本から参加した高校生4名全員がメダルを獲得する好成績を残した。宮崎県立宮崎西高校2年の外山太郎さんが金メダル、ほか3人が銀メダルを手にした。

教育・受験 高校生
日本代表団の結団式 画像:国際生物学オリンピック日本委員会提供
  • 日本代表団の結団式 画像:国際生物学オリンピック日本委員会提供
  • 画像:国際生物学オリンピック日本委員会提供
  • 国際生物学オリンピック日本委員会(JBO)
 ベトナムで開催された「第27回国際生物学オリンピック」において、日本から参加した高校生4名全員がメダルを獲得する好成績を残した。宮崎県立宮崎西高校2年の外山太郎さんが金メダル、ほか3人が銀メダルを手にした。

  国際生物学オリンピック(IBO)は、生物学に関心を持つ高校生らを対象とした国際的なコンテスト。2016年のベトナム大会は7月17日から23日までベトナム共和国ハノイで開催され、世界68の国と地域から263名の生徒が参加し、実験試験と理論試験に挑戦した。

  日本からは、日本生物学オリンピックを経て選考された高校生4名が参加。宮崎県立宮崎西高校2年の外山太郎さんが金メダル、立命館慶祥高校2年の中桐悠一郎さん、灘高校1年の保呂有珠暉さん、桜蔭高校3年の村上侑里夏さんの3人が銀メダルを獲得。日本代表の4人全員がメダルを手にする成績を収めた。

 国際生物学オリンピック日本委員会(JBO)によると、国際生物学オリンピックは個人戦で、約1割の成績優秀者に金メダル、約2割に銀メダル、約3割に銅メダルが贈られる。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)