【夏休み2016】写真で学ぶ「野生動物のふしぎ」富士フイルムで自由研究

教育・受験 小学生

アフリカゾウ 写真提供:富士フイルム
  • アフリカゾウ 写真提供:富士フイルム
  • ヒョウ 写真提供:富士フイルム
  • 野生動物のふしぎ
  • 山形豪の写真展「Go Wild!」
 富士フイルムは、南部アフリカにすむ野生動物のことがよくわかるイベント「野生動物のふしぎ」を、8月5日から8月18日まで富士フイルム東京サロンで開催する。対象は小中学生で、参加費は無料。アフリカ育ちの写真家、山形豪の写真展と同時に実施される。

 「野生動物のふしぎ」は、少年時代をアフリカで過ごし、動物を撮るカメラマンになった山形豪の写真展「Go Wild!」開催中に実施される小中学生向けのイベント。会場では撮影も可能で、実物大のライオンの写真と記念撮影もできる。

 イベント期間中、8月6日と12日には山形氏による「おはなし会」も開催。アフリカにすむレアな動物や面白い瞬間など、たくさんの写真を交えた話を聞ける。また、8月12日のおはなし会には、幼少期から南アフリカで過ごし、現在も1年の約半分をアフリカと日本の間を行き来しているメディアコーディネーターの山脇愛理氏をゲストに迎える。ゾウは鳴き声でどんな会話をしているか、カバが怒ると恐いって本当なのかなど、野生動物を間近に見てきた2人だからこそ知っている、生き物の「ちょっと深い話」が披露される予定。

 また、8月7日には、声優・〆野潤子(しめのじゅんこ)、声優・四宮豪(しのみやごう)による、親のいないアフリカゾウ「レマ」のたくましい姿を描いた絵本「牙なしゾウのレマ」の読み聞かせと、山脇愛理氏による動物ミニおはなし会も行われる。そのほかにも、ワークショップやクイズラリー「なんの動物?」も写真展の期間中開催。参加した人には、オリジナルの自由研究メモ用紙をプレゼントする。8月5日と13日には、一般向けのギャラリートークも開催予定。

◆夏休み自由研究イベント「野生動物のふしぎ」
日時:
8月5日(金)、13日(土)11:00~、14:00~ 山形豪ギャラリートーク
8月6日(土)、12日(金)11:00~、14:00~ 山形豪によるおはなし会
8月7日(日)11:00~、14:00~ 〆野潤子、四宮豪による読み聞かせ&山脇愛理の動物ミニおはなし会
対象:小中学生
参加費:無料
会場:富士フイルム フォトサロン東京(東京都港区赤坂9-7-3 フジフイルムスクエア内)
《神山千寿子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)