「チャイルドシートの適切な使用を」国交省と警察庁が注意呼びかけ

国土交通省と警察庁は、「秋の全国交通安全運動」の機会に、子どもを車に乗せる際、チャイルドシートを適切に使用するよう自動車ユーザーに呼びかける活動を開始する。

生活・健康 未就学児
子どもを自動車に乗せる際の注意を喚起するリーフレット
  • 子どもを自動車に乗せる際の注意を喚起するリーフレット
  • 警察庁
国土交通省と警察庁は、「秋の全国交通安全運動」の機会に、子どもを車に乗せる際、チャイルドシートを適切に使用するよう自動車ユーザーに呼びかける活動を開始する。

シートベルトやエアバッグは、交通事故時に自動車の乗員の被害を軽減する重要な安全装置だが、成人の体型を前提に設計されているため、体が小さい子どもには、適切に機能しないことや、被害を大きくするケースもあり、子どもを車に乗せる際、チャイルドシートを適切に使用する必要がある。

国交省では、警察庁とともに、「秋の全国交通安全運動」の機会を捉え、子どもを車に乗せる際、必ずチャイルドシートを使用することや、子どもは後部座席に乗せること、国の安全基準への適合が確認されたチャイルドシートを使用するよう訴求する。

これらを示したリーフレットをホームページに掲載するとともに、自動車ユーザーに配布されるよう関係機関・団体へ送付した。

「チャイルドシートの適切な使用を」国土交通省と警察庁が注意喚起

《レスポンス編集部@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)