LINEと福岡市が連携、防災や子育て情報を発信

 LINEは10月24日、福岡市と福岡市における情報発信強化に関する連携協定を締結した。コミュニケーションアプリ「LINE」を活用し、防災や子育てなど生活に関するさまざまな分野の市政情報発信で連携する。LINEの政令指定都市との協定は初。

デジタル生活 保護者
情報発信強化に関する連携協定締結式のようす
  • 情報発信強化に関する連携協定締結式のようす
  • LINE
  • 福岡市
 LINEは10月24日、福岡市と市内における情報発信強化に関する連携協定を締結した。コミュニケーションアプリ「LINE」を活用し、防災や子育てなど生活に関するさまざまな分野の市政情報発信で連携する。LINEの政令指定都市との協定は初。

 LINEは8月、東京都渋谷区とLINEを行政サービスに活用する協定を締結。LINEを利用した行政サービスの推進やオンライン上で予約、支払いできる電子商取引領域拡大のほか、区内の小中学校に向けたリテラシー教育の実施を目指している。

 10月24日には福岡県福岡市と連携。福岡市のLINEアカウントを通じ、ユーザーが選んだ防災や子育て、環境情報などをリアルタイムで受信できる仕組みづくりを検討している。あわせて、福岡市のLINEアカウントを「友だち」登録したユーザーに、LINEキャラクターが福岡の名物や魅力をアピールするLINEスタンプ「福岡市×LINE FRIENDS」を無料で提供予定。
《加藤ゆい》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)