50円朝食でポカポカスタート、早稲田大学「腸温活プロジェクト」

教育・受験 大学生

早稲田大学「腸温活プロジェクト」 50円朝食を頬張る学生ら
  • 早稲田大学「腸温活プロジェクト」 50円朝食を頬張る学生ら
  • 「一限目はないけど早めに来ました(笑)」と語ってくれた学生2人。量も丁度良かったとのこと
  • 提供はセルフサービス式。腸温活プロジェクトに協賛する企業のスープ、パン、りんご、豆製品の4品を手に進む
  • フジッコ「朝の食べるスープ」、敷島製パンPasco「ゆめちからブランロール」、青森県りんご対策競技会「青森県産りんご」、相模屋食料「ナチュラルとうふ」
  • 青森県りんご対策競技会「青森県産りんご」 身近な果物といえども、一人暮らしではなかなか食べる機会がないそう
  • フジッコ「朝の食べるスープ」、敷島製パンPasco「ゆめちからブランロール」、青森県りんご対策競技会「青森県産りんご」、相模屋食料「ナチュラルとうふ」
  • 午前8時過ぎの大隈ガーデンハウス前。すでに学生数名が列を成していた
  • 期間限定製品も登場予定。画像はフジッコ「朝の食べるスープ」
 早稲田大学は11月14日、学生のからだとお財布事情に優しい「50円朝食」をスタートした。フジッコ、敷島製パンPasco、青森県りんご対策協議会、相模屋食料が協力し、冬本番を迎え冷えやすくなる学生の体を温め、勉学に励みやすいよう支援する。提供は11月18日まで。

 午前8時過ぎ、早稲田大学早稲田キャンパス「大隈ガーデンハウス」入口の前にはすでに学生が50円朝食を求め列を成していた。全国的な広がりを見せた「100円朝食」はもはや珍しいものではないが、50円ともなると「50円玉1枚だけで食べられるならとにかくお得」(同大学学生)。学食前の立て看板で50円朝食を知ったという女子学生は、寝ぼけ眼ながら「普段は(朝食を)食べないけど、50円なら安いと思って早起きしました」とはにかみながら語った。

 提供されるメニューは、「腸温活プロジェクト」に協賛するフジッコ、敷島製パンPasco、青森県りんご対策協議会、相模屋食料による4品。フジッコの「朝のたべるスープ」と相模屋食料の豆腐製品は、18日まで日替わり商品が提供される。いずれも豆、雑穀、野菜素材を生かした商品が揃い、果物も合わせ栄養バランスに配慮しつつ、若者でも積極的に食物繊維を摂取できるよう意識された献立だ。心身とお財布に良いことが5つあることから、プロジェクトでは「五重マル朝食」と名付けている。

 「腸温活プロジェクト」は、体全体を温めてコンディションを整え、美容や健康を手に入れる活動を推進する医学・栄養学の有識者と協賛企業による活動。11月14日から18日までは早稲田大学の早稲田キャンパス、西早稲田キャンパスで各日150食限定で提供する。

 14日のメニューは「朝のたべるスープ ミネストローネ」「ナチュラルとうふpremium はちみつ×プレーン」「ゆめちから ブランロール」2個と、青森県産りんご4分の1個。食べ盛りの男子学生も、「朝はパン1個しか食べてないので、これくらいがちょうどいい量」と満足げ。フジッコブランドマネージャー部包装惣菜製品グループの只野由晃氏は、完食する学生らを見て「苦手意識を持たれがちな豆製品も、スープにしたことで美味しそうに食べてもらえて嬉しい」とホッとしたようす。中には一時限目に授業がないのに朝食のために来たとする者もおり、プロジェクトが目指す“朝食の習慣化”が根付く可能性が見えた。

 なお、50円朝食を食べるには学生証が必須。なんともうらやましい話と、ネットでは「うちの大学にもあったら」とする声があがっている。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)