Apple Pay、ユニセフなどへの寄附金の支払いに対応

デジタル生活 その他

Apple Payが寄付金の支払いに対応、ユニセフなどへの寄付が手軽に
  • Apple Payが寄付金の支払いに対応、ユニセフなどへの寄付が手軽に
  • Apple Payが寄付金の支払いに対応、ユニセフなどへの寄付が手軽に
 Appleは現地時間14日、運営する電子決済システム「Apple Pay」について、非営利団体への寄付金の支払いに対応することを発表した。

 まずはユニセフなどのグローバルな組織に同日付で対応し、今後数ヶ月以内には民間団体への対応も実現する。通常、慈善団体に寄付金を支払う際には(団体にもよるが)連絡先等の情報やアカウント作成が必要であったが、同支払いシステムの活用により、より手軽に、セキュアな方法で寄付金の支払いが可能となる。

 同社はこれまでも、世界エイズ・結核・マラリア対策基金や、災害支援への寄付呼びかけをiTunes上などで積極的に行ってきた。

Apple Payが寄付金の支払いに対応、ユニセフなどへの寄付が手軽に

《Tsujimura@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)