【中学受験2017】四谷大塚、最終出願者数・倍率まとめ…慶應中等部・湘南・渋幕(2)ほか

教育・受験 小学生

四谷大塚の入試情報センター
  • 四谷大塚の入試情報センター
  • 出願者数(確定分・慶應中等部、慶應湘南、渋幕二次追加)
 四谷大塚の入試情報センターは出願倍率速報にて、締切確定校の最終出願者数を掲載している。1月28日の最新情報として、最終出願者数が確定した慶應義塾中等部、慶應義塾湘南藤沢中等部、渋谷教育学園幕張中学校二次が追加された。

 慶應義塾中等部は男子約140人、女子約50人の募集人員に対し、男子が前年比61人減の851人、女子が23人増の420人が出願。倍率は男子が6.07倍、女子が8.40倍となった。慶應義塾湘南藤沢中等部(一般)は男女約120人の募集定員に対して男子319人、女子320人(前年比は男子46人減、女子19人増)が出願し、倍率は5.32倍。慶應義塾湘南藤沢中等部(帰国)は男女約30人の募集定員に対して男子116人、女子95人(前年比は男子24人増、女子19人増)が出願し、倍率は7.03倍。渋谷教育学園幕張中学校二次は男女約45人の募集定員に対して男女計557人(前年比99人増)が出願し、倍率は12.37倍となった。

 このほか、フェリス女学院は募集定員180人に対して422人(前年比31人減)が出願し、倍率は2.34倍。早稲田実業は男子85人、女子40人の募集定員に対して男子344人、女子195人(前年比は男子2人減、女子7人増)が出願し、倍率は男子4.04倍、女子4.87倍となった。

 四谷大塚の入試情報センターでは、2017年入試の出願倍率とともに、偏差値一覧、入試結果も確認できる。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)