【中学受験2017】父母の見送りあたたかく 御三家入試スタート

 「2月1日」―東京都、神奈川県に住む中学受験生にとって重要な響きを持つ日。開成・麻布・武蔵中、桜蔭・雙葉・女子学院中など、いわゆる「御三家」のほか、人気私立中学の入試がスタートした。

教育・受験 小学生
2017年2月1日 開成中学校のようす
  • 2017年2月1日 開成中学校のようす
  • 続々と正門をくぐる受験生たち 2017年2月1日 開成中学校のようす
  • 正門横に並ぶ日能研。受験生の手をしっかりと握りしめ、柔らかな笑顔で受験生を送り出す姿が見られた 2017年2月1日
  • 正門へ向かう歩道橋からのなだらかな坂を受験生らが勇ましく歩く 2017年2月1日
  • 会場には親子で訪れる姿が多く見られた 2017年2月1日 開成中学校のようす
  • 2017年2月1日 開成中学校のようす
  • 応援に駆けつけた進学塾関係者が激励を送る。SAPIXのようす 2017年2月1日
  • 応援に駆けつけた進学塾関係者が激励を送る。SAPIXのようす 2017年2月1日
 「2月1日」―東京都、神奈川県に住む中学受験生にとって重要な響きを持つ日。開成・麻布・武蔵中、桜蔭・雙葉・女子学院中など、いわゆる「御三家」のほか、人気私立中学の入試がスタートした。

 1月14日の関西エリア中学入試解禁後、1月10日には埼玉県、1月20日には千葉県と、主要中学受験エリアの入試が続々と行われてきた。続く2月1日、東京都内の天気は曇り。時折晴れ間がのぞき、受験生の顔を明るく照らした。JR西日暮里駅から徒歩3分の開成中では、午前7時15分ごろから続々と受験生が集まってきた。

 「あ、先生いた!」受験生と保護者が駆け寄る先には、毎年恒例の塾関係者の姿が見られた。SAPIX(サピックス)、日能研、四谷大塚、早稲田アカデミー、TOMAS、市進学院などの進学塾関係者が集い、受験生に「おはよう!」「受験票、かっこいいぞ、力が出せそうだね」「算数はいつも通りで大丈夫」などと笑顔で声をかける。握る手に力を込め、時には頭や肩に手を差し伸べ、「行ってらっしゃい」と関係者が一丸となって送り出す光景が見られた。昨年末に通達された応援に関する注意の通り、厳重な交通誘導も手伝い、正門前に目立った混乱はなかった。

 午前7時半過ぎには受験生控室への入室がスタートし、受験生が続々と校舎へ入っていった。本番前最後の激励にと、抱き合う母子やハイタッチを交わす父子ら。「じゃあ行ってきます」と、ひとりで歩き出す受験生の背中はみな頼もしかった。

 開成中の学力試験は午前9時から国語、10時15分から算数、11時40分から理科を行う。昼食を挟み、受験生らは午後1時10分からは最後の科目、社会に挑む。合格発表は、例年通り2月3日(金)の午後1時ごろを予定。合格者は開成高の体育館ピロティに提示される。

 2016年度の開成中入試は、実質倍率が2.85倍。300人の募集人数に対し、受験者数が1,131人、合格者が396人だった。2017年度の志望倍率は、四谷大塚によると募集人数300人に対し志願者数は1,195人、志願倍率は3.98倍。実際の受験者数は、今後集計ののち公表される予定。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)