【GW2017】板橋・熱帯環境植物館、五感で感じる体験型展示4/18-5/7

趣味・娯楽 小学生

五感で感じる植物展
  • 五感で感じる植物展
  • ミラクルフルーツ
  • こいのぼりエアロケット作り
  • うちわ作り
  • ハーブミスト作り
  • 缶バッジ作り
  • 植物プレゼントも実施
  • 板橋区立熱帯環境植物館
 板橋区立熱帯環境植物館は4月18日~5月7日、植物を五感で感じる体験型展示を実施する。ゴールデンウィーク期間中は、親子で楽しめるイベントも開催する。4月1日以降の入館料は、大人260円、小中学生・65歳以上130円。土日と5月3日~5日は、小中学生の入館料が無料となる。

 熱帯環境植物館は、東南アジアの熱帯雨林を立体的に再現した博物館型植物館。潮間帯植生、熱帯低地林、集落景観の3つの植生ゾーンに分かれた温室と、熱帯の高山帯の雲霧林を再現した冷室、ミニ水族館を備えており、海から山へと続く一連の熱帯環境を楽しみながら学ぶことができる。

 植物を五感で感じる体験型展示では、植物を「見る」「触る」「嗅ぐ」「聴く」「味わう」のテーマに分け、テーマごとの展示やイベントを行う。4月22日・23日には、「味わう」イベントを開催。酸味を甘みに変えるミラクルフルーツ(4月22日)や、熱帯果実のタマリンド(4月23日)の試食体験ができる。試食体験は午前10時から行われ、各日先着100名まで。

 5月3日には、「こいのぼりエアロケット作り」を開催。色を塗り、空気を入れて紙飛行機のように飛ばして遊べるこいのぼりを作る。中学生以下を対象としており、定員は先着50名。当日、開始15分前より整理券を配布する。

 5月5日には小学生以下を対象に、カブトムシの幼虫を土の中から掘り出す体験を実施する。掘った幼虫は1人1匹持ち帰ることができる。定員は150名。当日午後1時半より整理券が配られ、なくなり次第終了となる。

 ほかにも、石けんやハーブミスト、缶バッジ、うちわなどを作る体験イベントも予定されている。開催日や参加方法などは、イベントにより異なるので事前に確認が必要。

◆五感で感じる植物展
開催期間:2017年4月18日(火)~5月7日(日)
開催時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
会場:板橋区立熱帯環境植物館(東京都板橋区高島平8-29-2)

【味わってみよう(試食体験)】
日程:
・2017年4月22日(土)ミラクルフルーツ
・2017年4月23日(日)タマリンド
時間:10:00~ ※定員に達し次第終了
定員:各日先着100名

【カブトムシの幼虫掘り】
日程:2017年5月5日(金・祝)
時間:14:00~ ※13:30から整理券配布、なくなり次第終了
対象:小学生以下
定員:先着150名

【石けん作り】
日程:2017年4月29日(土・祝)
時間:10:30~/14:00~ ※各回開始15分前から整理券配布
定員:各回先着50名

【ハーブミスト作り】
日程:2017年5月3日(水・祝)~5月7日(日)
時間:10:00~ ※定員に達し次第終了
定員:各日先着70名

【こいのぼりエアロケット作り】
日程:2017年5月3日(水・祝)
時間:14:00~ ※整理券は開始15分前から配布
対象:中学生以下
定員:先着50名

【缶バッジ作り】
日程:2017年5月4日(木・祝)
時間:14:00~ ※整理券は開始15分前から配布
対象:中学生以下
定員:先着50名

【うちわ作り】
日程:2017年5月7日(日)
時間:14:00~ ※整理券は開始15分前から配布
対象:中学生以下
定員:先着50名

【植物プレゼント】
日程:
・2017年4月29日(土・祝)フウセンカズラの種
・2017年5月3日(水・祝)~5日(金・祝)、7日(日)ハーブや花・野菜の苗
・2017年5月6日(土)ミニミニ多肉植物
時間:各日10:00~ ※各日定員に達し次終了
定員:各日先着100名
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)