スマホを自分の英単語帳に…「ターゲットの友 for 1400」有料機能追加

教育ICT 高校生

英単語アプリ「ターゲットの友」
  • 英単語アプリ「ターゲットの友」
  • ターゲットの友 for 1400
  • 「ターゲットの友 for 1400」のアプリ内課金機能
 旺文社は、英単語アプリ「大学受験の英単語-ターゲットの友 for 1400」のアプリ内課金サービスを3月31日より開始した。有料のアップデート機能を加えることで、スマートフォンを自分だけの英単語帳のように使えるという。

 「ターゲットの友 for 1400」は、旺文社が刊行する大学受験用の英単語集「英単語ターゲット1400 4訂版」と連動して学習をサポートする公式アプリ。書籍収録英単語のテスト機能やリスニング機能など、効率的な学習を可能にする機能を搭載しており、3月31日より従来の学習機能をアップグレードする3つの有料(アプリ内課金)サービスの提供を開始する。

 1つめは、英単語テスト機能での正解・不正解のデータを蓄積し、自分の苦手な単語だけを集中的に学習できる「苦手特訓モード」。四択問題、音声四択問題、スペリング、例文穴埋め四択問題など、豊富な出題形式から自由に学習パターンを選択可能。今まで学習した単語の学習状況を自動管理する「マイ単語帳」も追加され、書籍が手元になくてもスマートフォンでその場で単語の意味を確認できるようになる。

 2つめは、リスニング機能に英単語の日本語訳の音声・表示と、書籍掲載の例文音声のコンテンツを追加した「マイリスニング」。再生順序や間隔のカスタマイズも自在にでき、自分に合ったオリジナルのリスニング学習を可能にした。シャッフル再生など便利な機能も加わり、英単語を「耳から覚える」ことをサポートする。

 3つめは、「苦手特訓モード」と「マイリスニング」機能を両方導入すると利用可能になる「苦手単語抽出リスニング」。自分の苦手単語だけを学習できるリスニング機能で、うろ覚えの単語だけを集中的に耳から覚えられる暗記ツール。

 アプリ内課金は、「苦手特訓モード」「マイリスニング」それぞれ480円。2つセットで利用できる「必勝パック」は720円で、「苦手単語抽出リスニング」も利用可能に。価格はすべて税込、iOSとAndroidの両方に対応している。

◆大学受験の英単語-ターゲットの友 for 1400(iOS版、Android版)
アプリ本体価格:ダウンロード無料
アプリ内課金:以下すべて税込
・苦手特訓モード 480円
・マイリスニング 480円
・必勝パック(苦手特訓モード+マイリスニング)720円 ※苦手単語抽出リスニング付き
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)