【GW2017】多彩なWSやライブなど…親子で楽しむ「マナブ」フェス5/6-7

教育イベント 未就学児

HANNO GREEN CARNIVAL 2107~マナブ アソブ ツナガル~
  • HANNO GREEN CARNIVAL 2107~マナブ アソブ ツナガル~
  • プレミアム ワークショップ(一例)
  • 人気の「なりきり妖精ワークショップ」
  • エリアマップ
 子どもの可能性を見つけることをテーマにしたファミリーで楽しく「マナブ」フェスイベント「HANNO GREEN CARNIVAL 2107~マナブ アソブ ツナガル~」(HGC)が5月6日・7日の2日間、埼玉県飯能市の駿河台大学および、あけぼの子どもの森公園を会場に開催される。

 HGCは、ソニー・ミュージックエンタテインメントのキッズ専門ブランド「KIDSTONE」などが主催し、2016年に初開催したファミリー向けフェスイベント。子どもたちがさまざまな初めてや発見に出会い、可能性を見つける場所になってほしいとの思いを込めて、多彩なワークショップなどを実施する。また、フェスならではのアーティストライブも開催。心と体を使って思い切り学んで遊ぶ体験を提供する。

 ワークショップは、「SPORTS」「NATURE」「EDUCATION」「MEDIA」「ART」のカテゴリーでさまざまなプログラムを展開する。「SPORTS」では埼玉西武ライオンズによる「親子で楽しく野球教室」などを、「EDUCATION」ではアニメNEXT100による「絵を描いて!絵を動かす!!アニメをつくろう」などを開催。そのほか、女の子に人気の「なりきり妖精ワークショップ」など、多数のプログラムが用意されている。

 また、アーティストライブに登場する「HY」や「RAG FAIR」「DJみそしるとMCごはん」などが、子どもたちと直接触れ合いながら行うプレミアムなアーティストワークショップも開催。アーティストライブにはほかにも個性豊かなアーティストが参加する。

 HGCは、入場にチケットが必要な「エリア ヤルヴィ(駿河台大学)」と入場無料の「エリア ヨキ(あけぼの子どもの森公園)」の2会場にて行われる。ワークショップは、チケット購入が必要なもの、無料で参加できるが申込みが必要なもの、当日誰でも参加できるものなどがある。なお、人気アーティストのワークショップなど、一部はすでにチケットが完売となっている。対象年齢や定員、チケット料金、開催会場など、詳細はWebサイトで確認できる。

◆HANNO GREEN CARNIVAL 2107~マナブ アソブ ツナガル~
 (飯能グリーンフェスティバル)
日時:2017年5月6日(土)、7日(日)10:00~18:00予定 ※雨天決行(荒天中止)
会場:埼玉県飯能市 駿河台大学(エリア ヤルヴィ)、あけぼの子どもの森公園(エリア ヨキ)
入場料:すべて税込
【エリア ヤルヴィ】
前売り・2日券 大人3,400円、子ども1,200円
   ・1日券 大人1,800円、子ども700円
当日 ・1日券 大人2,300円、子ども1,000円
※子どもは4歳~12歳(小学生以下)、3歳以下は保護者同伴に限り無料
【エリア ヨキ】
入場無料

※そのほか、ワークショップ参加にはチケット購入が必要(一部無料のものあり)
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)