「子ども国会」7月開催、参院創設70周年記念…全国から150名募集

教育・受験 小学生

子ども国会
  • 子ども国会
  • 日程
  • 参議院
 参議院は、昭和22年に第1回国会を開会してから平成29年5月に創設70周年を迎えるのを記念して、「子ども国会」を7月に開催する。全国から小学5~6年生150名を「子ども議員」として募集。オリンピックや環境など6つのテーマで意見を述べ合い、提言を作り上げる。

 子ども国会では、これからの社会を担う子どもたちの代表が参議院に集まり、テーマ別に設けられた委員会で意見交換。本会議において「子ども国会宣言」と題した提言を共同で作り上げ、本会議において採決するまでの過程を経験する。子ども国会の開催は、平成24年以来5年ぶり。

 参議院70周年記念事業となる平成29年は、「私たちがつくる未来」をテーマに7月30日と31日に開催する。サブテーマは、「家族やふるさとを大切にするために」「ことばや暮らしが違う人と仲よくしていくために」「みんなが安心して生活できる社会にするために」「オリンピック・パラリンピックを成功させるために」「いのちや環境の大切さを知ってもらうために」「便利な社会にするための発明、発見を行うために」の6種類。

 対象は、小学5~6年生およびこの年齢に相当するすべての子ども。全国から150名を募集する。北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、福岡県から各4名、そのほか38府県からは各3名の選出とする。

 応募期限は5月12日まで。専用の応募用紙に必要事項を記入し、推薦者からの言葉(必須)をもらったうえで、各都道府県の教育委員会(庁・局)「子ども国会議員募集担当」宛てに封書で申し込む。

 子ども国会議員には、保護者1名の同行が必要で、子ども国会の全日程に参加できることが応募条件となる。子ども国会議員と保護者1名の宿泊費・交通費は、参議院が負担する。宿泊施設は、国立オリンピック記念青少年総合センター。交通費は、出発地(参議院指定の空港もしくはJR駅)から羽田空港もしくは参議院指定の東京都区内の駅までの往復乗車券などを支給し、経路や手段などは参議院が選定する。

◆子ども国会
開催日:平成29年7月30日(日)、31日(月)
会場:参議院本会議場・委員会室
宿泊施設:国立オリンピック記念青少年総合センター
対象:小学5・6年生およびこの年齢に相当するすべての子ども
応募条件:保護者1名が同行し、子ども国会の全日程に参加できる人
※子ども国会議員と保護者1名の宿泊費・交通費は参議院が負担
募集人数:150名
応募期間:平成29年4月3日(月)~5月12日(金)消印有効
応募方法:「参議院70周年記念子ども国会議員応募用紙」に必要事項を記入し、推薦者から言葉(必須)をもらったうえで、各都道府県の教育委員会(庁・局)「子ども国会議員募集担当」宛てに封書で申し込む
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)