元五輪選手の出張講義「スケートキャラバン」全国から開催5校を募集

教育イベント 先生

スケートキャラバン
  • スケートキャラバン
  • 講師を務める元日本代表スケーター
 朝日新聞社は、元五輪日本代表のフィギュアスケーターが全国の小学校を訪ねる出張体験型授業「スケートキャラバン」を、一部期間を除く7月~2018年3月に開催する。開催校は全国で5校を予定。5月31日まで開催希望校を募集する。

 「スケートキャラバン」は、女子シングル元日本代表でプロフィギュアスケーターの鈴木明子氏と、アイスダンス元日本代表でスケーティングコーチのキャシー・リード氏の2人が講師を務め、1校につきどちらか1人が訪問し子どもたちと触れ合いながら授業を行う取組み。

 授業は2部構成となっており、前半は、国際舞台で活躍したスケーターが世界の舞台で輝き続けるために努力してきたことや、夢を持ち続けることの大切さを子どもたちへ伝える。後半は、学校体育館に樹脂製の簡易スケートリンクを仮設し、実際にスケート靴を履いて滑るスケート体験を実施する。

 初開催となった2016年は、宮城、埼玉、東京、大阪、熊本の5校で開催。小学校のほか大阪では視覚支援学校でも開催した。応募にあたっては、18メートル×15メートル以上の広さの体育館が1階にあることや、体育館の入り口が幅1.5メートル、高さ1.8メートル以上開くことなど、何点か確認条件がある。

 希望校は5月31日までWebサイトや郵送、FAXで募集。スケジュールや諸条件から開催候補校を選定し6月中には結果が出る予定。なお、開催に必要な簡易スケートリンク、スケート靴、スケート靴棚、プロテクターなどの設備、用具はすべて持ちこみで、学校側の費用負担はない。

◆スケートキャラバン
期間:2017年7月1日(土)~12月8日(金)または2018年1月8日(月)~3月9日(金)
対象:国内の小学校
校数:5校(予定)
参加費:学校側の費用負担なし
申込方法:Webサイトのメール応募フォーム、またはWebサイトから応募用紙をダウンロードのうえ郵送、FAXにて申し込む
申込締切:2017年5月31日(水)必着
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)