【GW2017】親子で充実、体験・体感できるおでかけスポットまとめ…屋内編(首都圏・関東)

趣味・娯楽 未就学児

画像はイメージ
  • 画像はイメージ
  • 日本科学未来館
  • レゴランド・ディスカバリー・センター東京
  • スポッチャ(ラウンドワン内)
  • スポッチャ(ラウンドワン内) ※画像はラウンドワンスタジアム ダイバーシティ東京プラザ店内のスポッチャのもの
  • カンドゥー
  • ギャラクシティ
 いよいよ4月29日(土)から2017年のゴールデンウィークに突入。親子で効率よく楽しく過ごすためにも、雨模様の場合は室内でとことん楽しめる場所を、お天気の場合はめいっぱい自然の空気を吸いこみ遊び倒せる場所を…と、いくつかレパートリーを用意しておきたいご家庭もあるのでは。

 「屋内編」では、屋内で満喫できるお勧めのお出かけスポットを紹介する。この機会に、気になっているがまだ行ったことのないスポットや、もう一度行きたいスポットを思い出して、親子で充実のゴールデンウィークを過ごしていただきたい。

 なお、紹介する費用・入館料はすべて税込み表示。アクセスや注意事項を含む各詳細は、施設のWebサイトで事前に確認してほしい。

◆日本科学未来館
(東京・お台場/東京都江東区青海2丁目3番6号)
 常設展では、展示をはじめ、実験教室やトークイベントなどを通し、日々の素朴な疑問から最新テクノロジー、地球環境、宇宙の探求、生命の不思議まで、さまざまなスケールで現在進行形の科学技術を体験できる。ロボットの実演やトークショーなどアクティビティも充実。企画展では、ミッキーの誕生から最新作「モアナと伝説の海」まで、約90年分のディズニー作品の原画を展示する「ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法」を開催中。

日本科学未来館
会館時間:10:00~17:00 ※入館券の購入は閉館30分前まで
入館料:
常設展 大人620円/18歳以下210円
企画展 大人(19歳以上)1,800円/中人(小学生~18歳以下)1,200円/中人(土曜)1,100円/小人(3歳~小学生未満)600円
※企画展チケットには常設展の入館料も含まれる
常設展:「世界をさぐる」「未来をつくる」「地球とつながる」
企画展:「ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法」
※企画展は2017年9月24日(日)まで

◆レゴランド・ディスカバリー・センター東京
(東京・お台場/東京都港区台場1-6-1デックス東京ビーチアイランドモール3階)
 レゴブロックをモチーフとした体験型アトラクションで子どもたちの遊びながら学ぶ楽しさ・創造力を刺激する、屋内型のエンターテインメント施設。現在、ドイツ・イギリス・アメリカなど、世界18か所で展開中。1,000坪の広さを誇る館内には、スカイツリーや国技館など、東京の町並みを167万個のレゴブロックで再現した巨大なジオラマ「ミニランド」や、飛び出す3D映像に風や水しぶきが飛んでくる「4Dシネマ」、自分だけのスペシャルレースカーを組み立てる「レゴレーサー」、戦車に乗ってお姫さまを救出するシューティングゲームなど、親子で楽しめるアトラクションが盛りだくさん。

レゴランド・ディスカバリー・センター東京
営業時間:
<平日>10:00~20:00 ※最終入場18:00
<土日・祝>10:00~21:00 ※最終入場19:00
※予告なく営業時間・受付時間が変更される場合あり
入館料:
コンボチケット 大人(中学生以上)3,000円/子ども(3歳~小学生以下)2,400円
オンライン前売りチケット 平日1,950円/土日祝2,100円
※入場前日までに予約すること
平日限定親子チケット 3,200円大人1名+子ども1名(小学生以下)3,200円/組
※祝日を除く火~金曜日限定

◆スポッチャ(ラウンドワンスタジアム ダイバーシティ東京プラザ店内)
(東京・お台場/東京都江東区青海1丁目1番10号 ダイバーシティ東京プラザ6階)
 いろいろなスポーツやアミューズメントが、入館料だけで時間内めいっぱい楽しめる「スポーツ」と「アミューズメント」の融合施設。「スポーツコートエリア」では、フットサル、パターゴルフ、テニス、アーチェリー、バッティング、ピッチングなどで、おもいっきり身体を動かせる。雨でも安心の「アクティブエリア」では、ローラースケート、ロデオ、スマッシュピンポン、ビリヤードなどを楽しめる。屋外エリアもあり。スポッチャ内で楽しめるスポーツやアクティビティは各店舗によって異なるため、お台場店舗以外を利用する場合は、事前にWebサイトで詳細を確認するとよいだろう。

スポッチャ(ラウンドワン内)
営業時間:
 月~木曜日 8:00~翌朝6:00
 金・祝前日 8:00~翌24時間営業
 土曜日 24時間営業
 日曜日・祝日 前日24時間営業~翌朝6:00
入場料:曜日や入場時間によって異なる
<土曜日・日曜日・祝日>
90分パック(終日) 一般1,900円/学生1,680円/小学生1,470円/未就学児(2歳以上)540円/未就学児と保護者540円
3時間パック(OPENから12:00までの入場に限り) 一般2,230円/学生1,420円/小学生1,420円/未就学児680円/未就学児と保護者680円
3時間パック(12:00以降の入場に限り) 一般2,130円/学生2,030円/小学生1,820円/未就学児680円/未就学児と保護者680円
<スポッチャ早朝割>
土日祝:5:00~8:00までの入場に限り、入場から3時間 一般1,320円/学生・小学生1,120円/未就学児680円
※上記は「ダイバーシティ東京プラザ店」の入場料。(4月28日現在)一般学生向けの料金もあり。各種料金・利用可能時間帯は、予告なく変更する場合がある

◆カンドゥー
(千葉県・幕張新都心/千葉県千葉市美浜区豊砂1-5 オンモール幕張新都心 ファミリーモール3階)
 親子3世代で楽しめる、職業体験テーマパーク。パイロットをはじめ、建築士、新聞記者、エンジニア、カフェ店員など、あこがれの職業にチャレンジ。本格的なセットのもと、本物さながらのコスチュームを着て体験できる。全来場者に席を用意するため、食事や休憩、荷物置きなど、退場するまで同じ席を利用できる。予約はカンドゥーのWebサイトで受け付けている。

カンドゥー
営業時間:第1部10:00~14:30、第2部15:30~20:00
入場料:日にちによって異なる
ハイシーズン 小人(3~15歳)3,900円、大人(16歳以上)2,500円、シニア(55歳以上)1,000円(いずれも500円金券含む)
ローシーズン 小人(3~15歳)3,200円、大人(16歳以上)2,500円、シニア(55歳以上)1,000円(いずれも500円金券含む)
※ゴールデンウィーク中は、4月29日(土)・30日(日)、5月3日(火・祝)~7日(日)がハイシーズン料金

◆ギャラクシティ(東京都足立区/東京都足立区栗原1-3-1)
 「こども未来創造館」「まるち体験ドーム(プラネタリウム)」「西新井文化ホール」の3施設が集まる。「こども未来創造館」では、プログラミングや音楽・映像制作、デザイン、3Dモデリングなど新しいメディアテクノロジーを使ったさまざまなものづくりを体験できる。そのほか、館内には体を動かすアクティビティも充実。たとえば、日本最大級のネットジム「スペースあすれちっく」は、直径17m、高さ10m、3階建ての大型ネットで思い切り体を動かせる遊具。「がんばるウォール」は大人も楽しめる、高さ7.5mの本格的クライミングウォールだ。小学生向けには、高さ3m、長さ10mの「クライミングぱーく」がある。

ギャラクシティ
営業時間:9:00~21:30 ※こども体験エリアは18:00まで
※ゴールデンウィーク期間中のタイムスケジュール、利用条件はWebサイトで確認すること
入場料:無料
※まるちたいけんドーム(プラネタリウム)は大人500円、小中高生100円

 リセマムはこのほか、特集「ゴールデンウィーク(GW)2017」も公開中。天気や渋滞、プログラミング教室情報を掲載している。
《田口さとみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)