シンポジウム「これからの小学生の放課後」5/24東京

教育業界ニュース イベント・セミナー

シンポジウム「これからの小学生の放課後」 画像はイメージ(画像提供:放課後NPOアフタースクール)
  • シンポジウム「これからの小学生の放課後」 画像はイメージ(画像提供:放課後NPOアフタースクール)
  • シンポジウム「これからの小学生の放課後」
  • シンポジウム「これからの小学生の放課後」プログラム内容
 アイセック東京大学委員会と放課後NPOアフタースクールは5月24日、シンポジウム「これからの小学生の放課後」を東京・赤坂の日本財団で開催する。参加費は無料。事前予約制となっており、Webサイトで申込みを受け付けている。

 世界最大級の学生組織AIESEC(アイセック)は126の国と地域で活動しており、世界中の社会課題の解決と、平和で人々の可能性が最大限発揮される社会の実現を目指している。

 アイセック東京大学委員会は、AIESECの日本支部であるアイセック・ジャパンの国内25の大学委員会の1つ。日本の小学生の放課後の充実を目指し、アメリカ・イタリアのアフタースクールの知見を還元する海外インターンシッププロジェクト「Education for Dream」を1年にわたり運営してきた。そのプロジェクトの集大成として、シンポジウム「これからの小学生の放課後」を開催する。

 シンポジウムでは、行政や企業、NPO、学生が小学生の放課後(アフタースクール)の現状や課題、海外知見、これからについて意見交換を行う。文部科学省の生涯学習政策局社会教育課地域学校協働推進室の渡辺栄二室長が、小1の壁の打破や次世代人材育成のために策定された「放課後子ども総合プラン」の現状について講演するほか、日本総合研究所主任研究員らが欧米のアフタースクールの現状などを紹介する。

 おもな対象は、教育・保育の課題や海外知見、これからについて興味がある学生や小学生の放課後に取り組む企業・団体関係者。参加費は無料。申込みはWebサイトより受け付けている。

◆シンポジウム「これからの小学生の放課後」
日時:2017年5月24日(水)16:00~18:00
場所:日本財団(東京都港区赤坂1丁目2番2号)
参加費:無料
対象者:教育・保育の課題や海外知見、これからについて興味がある学生、小学生の放課後に取り組む企業や団体
会場収容人数:200名程度
申込方法:Webサイトより受け付けている
※詳細はWebサイトで確認できる
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)