H29年度「国家公務員採用総合職試験」1,878人が最終合格、女性割合が過去最高

教育・受験 大学生

国家公務員試験採用情報NAVI
  • 国家公務員試験採用情報NAVI
  • 平成29年度 国家公務員採用試験 合格者受験番号 (その1)
  • 平成29年度 国家公務員採用総合職試験(大卒程度試験) 実施状況
  • 平成29年度 国家公務員採用総合職試験(院卒者試験) 実施状況
 人事院は6月30日、平成29年度(2017年度)の国家公務員採用総合職試験の最終合格者を発表した。合格者数は院卒者試験が624人、大卒程度試験が1,254人。合格者の受験番号が人事院のWebサイト「国家公務員試験採用情報NAVI」に掲載されている。

 国家公務員採用総合職試験(院卒者試験・大卒程度試験)は、おもに政策の企画および立案または調査・研究に関する事務をその職務とする係員の採用試験。第1次試験は4月30日に実施した。第2次試験は、院卒者試験は筆記試験を5月28日に、政策課題討議試験・人物試験を6月9日から6月16日の期間中に受験した。大卒程度は、筆記試験を5月28日に、人物試験を5月30日から6月16日の期間中に受験した。

 院卒者試験・大卒程度試験ともに、最終合格発表が6月30日午前9時に公開された。試験の実施状況について、院卒者試験は申込者数が2,470人、第1次試験合格者数が1,213人、倍率(申込者数/合格者数)が2.0倍。大卒程度試験は申込者数が1万8,121人、第1次合格者数が2,543人、倍率が7.1倍。

 院卒者試験の最終倍率は、申込者2,470人に対し624人が最終合格し4.0倍。大卒程度試験の最終倍率は、申込者18,121人に対し1,254人が最終合格し14.5倍。全体倍率は申込者2万591人に対し1,878人が最終合格し、11.0倍だった。

 最終合格者数を試験区分ごとにみると、政治・国際は56人、法律504人、経済210人、人間科学38人、工学243人、数理科学・物理・地球科学30人、化学・生物・薬学37人、農業科学・水産69人、農業農村工学41人、森林・自然環境26人。

 なお、女性の合格者数および合格者に占める割合は、院卒者試験が153人(24.5%)、大卒程度試験が331人(26.4%)、全体では484人(25.8%)だった。全体の割合は平成28年度と比較すると0.3ポイント増加し、過去最高。

 人事院のWebサイトには、6月30日午前9時から7月6日午後5時まで、合格者の受験番号が掲載されている。合格者は、試験の区分と第1次試験地を選択すると、合格者受験番号が表示される。リセマムでは、大学別の最終合格者数を掲載している。
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)