【センター試験2018】H30年度入試、受験案内・受験上の配慮案内を公表

教育・受験 高校生

 大学入試センターは7月11日、平成30年度(2018年度)大学入試センター試験の受験案内と受験上の配慮案内をWebサイトに掲載した。受験案内の配布は9月1日より開始。受験教科の事前登録や確認・訂正、注意事項といったポイントも紹介している。

 平成30年度大学入学者選抜大学入試センター試験に必要な志願票や検定料などの振込書といった出願書類一式を添付した「受験案内」は、9月1日より大学入試センター試験を利用する全国の各大学の窓口で配付、または全国学校案内資料管理事務センターから郵送で配布する。

 なお、受験案内はすでに大学入試センターのWebサイトで閲覧できる。病気・負傷や障害などのため受験上の配慮を希望する志願者への「受験上の配慮案内」も同様に、大学入試センターのWebサイトで閲覧できる。または、大学入試センターへ郵便で請求も可能。

 受験上の配慮を希望する志願者は、出願前に申請する場合は8月1日~9月25日、出願時に申請する場合は9月26日~10月6日に申請する。また、出願期間前に審査結果の通知を希望する場合は、9月4日までに申請する。

 Webサイト内「出願手続(受験案内及び受験上の配慮案内の入手方法)」から閲覧できる「ここがポイント平成30年度大学入試センター試験」では、受験教科の事前登録や確認・訂正、注意事項といったポイントを解説。「志願票の記入が終わったら必ずコピーをとっておくこと」「受験票で訂正した内容を必ず確認すること」「試験時間中の所持品の取扱い」など注意を促している。

 平成30年度大学入試センター試験は、9月26日~10月6日に出願を受け付け、平成30年1月13日(土)と14日(日)に実施する。試験実施後は、1月17日(水)に平均点の中間発表、2月1日(木)に平均点の最終発表を行う。1月19日(金)には得点調整実施の有無を発表予定。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)