総務省「若年層に対するプログラミング教育」公開講座7-11月

教育ICT 先生

第2次補正予算「若年層に対するプログラミング教育の普及推進実証事業」公開講座日程(北海道~信越)
  • 第2次補正予算「若年層に対するプログラミング教育の普及推進実証事業」公開講座日程(北海道~信越)
  • 第2次補正予算「若年層に対するプログラミング教育の普及推進実証事業」公開講座日程(北陸~四国)
  • 第2次補正予算「若年層に対するプログラミング教育の普及推進実証事業」公開講座日程(九州・沖縄)
 総務省は、「若年層に対するプログラミング教育普及推進実証事業」における公開講座の日程一覧を公開した。公開講座は平成28年度第2次補正予算によるもので、7月~11月に全国で開催される。一覧では、申込方法や締切日なども確認できる。

 総務省は、プログラミング教育が子どもたちの論理的思考力や課題解決力を育てるとともに、ICTに関する基礎的な知識・スキルと身に付けさせるために極めて重要なものだとして、平成28年度より「若年層に対するプログラミング教育の普及推進事業」に取り組んでいる。事業では、低コストで効果的なプログラミング教育の実施手法や、指導者の育成方法などクラウドを活用しながら実証し、全国に普及させることを目指している。

 プログラミング教育の全国展開を加速するため、平成28年度第2次補正予算において「若年層に対するプログラミング教育普及推進実証事業」として事業者を公募。「Z会」や「学研エデュケーショナル」「日本マイクロソフト」「CA Tech Kids」など19のプロジェクトが採択された。

 総務省は、7月6日時点での公開講座の日程一覧をWebサイトで公開している。一覧では、実施日時や場所、公開対象、申込締切日、問合せ・申込先などを確認できる。講座は公開対象が「制限あり」と「制限なし」のものがあり、「制限あり」の場合は教育委員会・自治体関係者、教職員、参加児童・生徒の保護者、報道に限られる。また、訪問の際には必ず事前に申込みが必要。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)