落合陽一と女子大生棋士・竹俣紅からの挑戦、数学の回答を募集…10/9締切

教育・受験 その他

日本数学検定協会「賢者からの挑戦」
  • 日本数学検定協会「賢者からの挑戦」
  • 日本数学検定協会「賢者からの挑戦」難問を出題する落合陽一氏
  • 日本数学検定協会「賢者からの挑戦」出題者の竹俣紅氏
  • 日本数学検定協会
 日本数学検定協会は、数学の問題の解答をTwitterで募るWebキャンペーン「賢者からの挑戦」を開催する。募集期間は10月9日まで。 投稿テキストにハッシュタグ「#賢者からの挑戦(編集部注:#は半角)」を含めてTwitterからツイートを投稿すると、キャンペーンに参加できる。

 「賢者からの挑戦」は、「数学的思考」を身に付ける重要性を伝え、数学を学ぶ楽しさを体感することをテーマとしたWeb上のキャンペーン。「数学って何の役に立つの?」という問いに、さまざまな視点から応えていく。

 キャンペーンでは、数学を人生に役立ててきた賢者からの挑戦として、メディアアーティストの落合陽一氏と女流棋士の竹俣紅(たけまた べに)氏が数学の問題を作成する。落合陽一氏は、東京大学大学院学際情報学府博士課程を早期修了し、博士取得。筑波大学学長補佐、大阪芸術大学客員教授、デジタルハリウッド大学客員教授なども兼務している。竹俣紅氏は、早稲田大学政治経済学部に在学中の現役女子大生女流棋士。テレビ番組への出演経験も持つ。

 問題は特設サイト上で公開中。10月9日午前0時までTwitterで解答を募る。落合氏は高校・大学レベル、竹俣氏は中学レベルの問題を3問ずつ作成する。投稿された中から選ばれた解答は、出題者の直筆添削を受け、11月1日に特設サイト内で公開される予定。

 挑戦方法は、問題に対する解答を撮影、またはスキャンし、Twitterに写真を投稿するだけ。その際、投稿テキストにはハッシュタグ「#賢者からの挑戦(編集部注:#は半角)」を含めること。募集要項や応募の注意はすべて「賢者からの挑戦」Webサイトで確認できる。

◆日本数学検定協会「賢者からの挑戦」
応募期間:2017年9月11日(月)12:00~10月9日(月)24:00
応募方法:問題に対する解答を撮影あるいはスキャンした画像を添付し、投稿テキストにハッシュタグ「#賢者からの挑戦(編集部注:#は半角)」を含めてTwitterからツイートを投稿する
《神山千寿子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)