日本で開校予定、ボーディングスクール3校が集結9/30

教育イベント 中学生

開校予定のボーディングスクールが集まるスクールフェア
  • 開校予定のボーディングスクールが集まるスクールフェア
  • 2020年までに開校予定の国内ボーディングスクール
  • 国際高等専門学校 白山麓キャンパス
  • 開校に先駆けて3回目となるサマースクールを終了したインターナショナルスクール・オブ・サイエンス高校
  • 第1回目となるサマースクールを開催した白馬インターナショナルスクール
 インターナショナルスクールタイムズは、日本国内に開校予定のボーディングスクール3校による「開校予定のボーディングスクールが集まるスクールフェア」を9月30日、金沢工業大学・東京虎ノ門キャンパスで開催する。参加無料、事前申込み制。

 生徒や教員が同じキャンパス内でともに生活しながら、学問だけでなく人としての成長を多方面からサポートする全寮制の教育機関「ボーディングスクール」がいま、世界でもふたたび注目を集めているという。海外におけるボーディングスクールは、その多くが自国の生徒以外にも広く門戸を開放しており、国際色豊かにグローバル社会で活躍できる人材育成を行う点も大きな魅力としてあげられる。国内においては、2020年までに新たに4校が開校を予定している。

 そのうち、今回の「開校予定のボーディングスクールが集まるスクールフェア」には、2018年4月開校予定の「国際高等専門学校」(石川県白山市)、2020年開校予定の「インターナショナルスクール・オブ・サイエンス高校」(神奈川県を中心に検討中)、2020年開校予定の「白馬インターナショナルスクール」(長野県白馬村)の3校が参加する。

 「国際高等専門学校」は、全寮制教育のもと3年次のニュージランド留学や、5年次には金沢工業大学と共有するキャンパスで大学と連携した専門科目を英語で学ぶカリキュラムを想定している。

 「インターナショナルスクール・オブ・サイエンス高校」は、理系のインターナショナルスクールとして、英語だけでなく科学にも力を入れた教育を行うのが特徴。

 「白馬インターナショナルスクール」は、日本的教育と欧米型教育それぞれの良さを融合した新たな教育モデルを作り勉強のみならずスポーツやアウトドア教育、テクノロジー教育にも力を入れた人材育成を掲げている。

 一口にボーディングスクールといっても、英語に力を入れたグローバル教育という側面だけでない各校それぞれの特色がある。スクールフェアでは、各校の思いや教育方針などをプレゼン形成で紹介するほか、代表者が各校に質問するシンポジウムやボーディングスクールについての説明などが行われる。個別に各校に質問できる相談ブースも設置予定。参加にはイベントWebサイトから事前申込みが必要。

◆開校予定のボーディングスクールが集まるスクールフェア
日時:2017年9月30日(土)13:00~15:00
場所:金沢工業大学 東京虎ノ門キャンパス13階(東京都港区愛宕1-3-4)
対象:ボーディングスクールに興味のある人
参加費:無料
申込方法:Webサイトから申し込む
参加校:
・国際高等専門学校(石川県白山市:2018年4月開校予定)
・インターナショナルスクール・オブ・サイエンス高校(神奈川県を中心にキャンパス検討中:2020年開校予定)
・白馬インターナショナルスクール(長野県白馬村:2020年開校予定)
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)