ハロウィン、楽しみなのは若者だけ?平均予算は低額の3,691円

趣味・娯楽 その他

マクロミル 2017年ハロウィンに関する調査 ハロウィンを楽しみにしているか
  • マクロミル 2017年ハロウィンに関する調査 ハロウィンを楽しみにしているか
  • マクロミル 2017年ハロウィンに関する調査 ハロウィンの盛り上がりに賛成か反対か
  • マクロミル 2017年ハロウィンに関する調査 ハロウィンに仮装したいか(全体)
  • マクロミル 2017年ハロウィンに関する調査 ハロウィンに仮装したいか(年代別)
  • マクロミル 2017年ハロウィンに関する調査 ハロウィン関連の商品やサービスを購入したいか
  • マクロミル 2017年ハロウィンに関する調査 具体的に購入した商品やサービス
  • マクロミル 2017年ハロウィンに関する調査 秋から冬にかけてのイベントにかける予算の平均
 イベントや関連商品の販売など各所で盛り上がりを見せているハロウィン。街で仮装した若者のようすが報道されるなど、秋の一大イベントとして浸透してきているが、ハロウィンにかける平均予算は3,691円と秋から冬のイベントで最安であることがマクロミルが行った調査で明らかになった。

 「2017年ハロウィンに関する調査」は、マーケティングリサーチなどを行うマクロミルが、全国の15~69歳のマクロミルモニタ会員を対象に8月31日~9月1日にかけてインターネットで行ったもの。全国5エリア・性別・年代からまんべんなく計2,000人の有効回答を得た。

 ハロウィンを楽しみにしている割合は、10代がもっとも高く「とても楽しみ」「やや楽しみ」を合わせて44.3%が楽しみにしていると回答した。20代では40.0%、30代で30.3%、40代で17.6%、50代で14.1%、60代では7.6%と若い年代ほど楽しみにしている傾向があり、10代は60代の約6倍となった。

 近年国内において急激な盛り上がりを見せているハロウィンだが、日本におけるハロウィンの盛り上がりに対して賛成か反対かを尋ねたところ、こちらも若い年代ほど賛成派が多くなる結果に。10代は68.6%、20代64.8%、30代56.1%と、10~30代では賛成派が多数を占めた。一方、40代41.2%、50代37.7%、60代27.6%と、40~60代では反対派が半数を超え、年代ごとにハロウィンに対する興味関心の度合いがわかる結果となった。

 2017年のハロウィンで仮装したいか聞くと、「仮装したい」との回答はわずか10.3%にとどまった。年代別にみても、10代21.4%、20代21.7%と5人に1人程度であった。テレビや新聞などの報道で仮装をしてハロウィンを楽しむ人がクローズアップされるケースが増えているが、実際に仮装を楽しんでいる人は少数派のようだ。

 仮装以外の楽しみについて「買い物」の視点から傾向を探ったところ、34.1%が何かしらのハロウィン商品を買いたいと回答した。男女ともに「ハロウィン限定のスイーツ、お菓子」を購入したいとの回答がもっとも多く、男性72.5%、女性83.1%。ほかの商品に大きく差をつけた。2番目は、男性が「ハロウィン限定の外食メニュー」で29.0%、女性が「飾り付けグッズ」で30.5%。ハロウィン限定スイーツや、家の中の飾り付けなどで“ちょいハロウィン” を楽しもうという傾向が見られた。

 そんなハロウィンにかけられる金額の平均は3,691円で、秋から冬にかけてのイベントの中でもっとも低い金額となった。ハロウィンの後には、もっともお金をかけるお正月(平均2万385円)、クリスマス(平均1万2,461円)、大晦日・カウントダウン(平均9,093円)といった大型イベントが控えているため、あまり多くの予算をかけられないといった事情もあるようだ。

 マクロミルが運営するトレンド調査まとめサイト「HoNote(ホノテ)」では、調査概要のほか調査全体の詳細なレポートをダウンロードすることも可能。そのほかの調査結果なども掲載されている。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)